コラム
COLUMN

コードレスインパクトドライバーの歴史

工具に関する豆知識
インパクトドライバーハイコーキ
町田店スタッフ 中川 雄馬
中川 雄馬町田店

【インパクトドライバーの歴史】

当時、充電工具と言えば コードレスドリルでした。

しかし、当時のコードレスドリルはお世辞にも性能が良い訳ではなく

長ビス締めは全くできませんでした。

そんな中、充電工具で木ネジを締めたいという要望の応えたのが現在の【日立工機】のでした。

【日立工機】のコードレスインパクトドライバーは、そのパワーと

日立のモータ―テクノロジーによってネジ締めの概念を変えました。

今までのドリル時代からインパクトドライバー時代へとかわっていきました。

マキタ、パナソニックなど各社も負けじとコードレスインパクトドライバーを製作し、販売し始めます。

そして、2005年、充電工具業界に激震が走ります。

マキタ【リチウムイオンバッテリー搭載 TD130シリーズ】の登場です。

それまでのニッケル系バッテリーとは比べ物にならない持続時間。パワー、圧倒的な軽量化を実現しました。

リチウムイオンバッテリーの登場により電動工具業界の風向きが一気に変わって行きます。

そして現在、TD130Dから13年経ち更に改善を重ね

ブラシレスモーターや防塵、防水を搭載し、軽量小型化をした

インパクトドライバーが主流となっています。

ドリルに変わり、今では必要不可欠な電動工具となります。

日々進化を続けるインパクトドライバー

今後もどういった進化を遂げるのか目が離せませんね!!

以上!インパクトドライバーの歴史でした!!

町田店スタッフ 中川 雄馬

町田店スタッフ 中川 雄馬 プロフィールはこちら

初めまして町田店 中川です。日々、忙しい中楽しく働かせていただいております。
小さい頃からサッカーをやっていたので、身体を動かすのが好きです。たまに、地元に戻って友人達とフットサルをやることが最近の趣味です。
最近はなかなか運動をする機会が減ってきているので、体力の消耗が激しく身体の劣化が目立ちます。

中川 雄馬の記事一覧はこちら

関連記事