コラム
COLUMN

ソフトインパクトドライバーって何?

工具に関する豆知識
インパクトドライバーPanasonicMAXハイコーキ
桶川店店長 杉浦 優輝
杉浦 優輝桶川店

いつもご覧いただきありがとうございます!

アクトツール桶川店の店長杉浦です!

すっかりお花見の季節になり、外は暑くなってきましたね~

あと1ヶ月で平成が終わってしまうと思うと、とても寂しい感覚になりますね

さて、最近お客様とお話するときに「ソフトインパクトって普通のインパクトと何が違うの?」というお話をさせていただく機会が多いので、この機会に各社から販売されているソフトインパクト等のパルス系インパクトドライバについてお話してみようかと思います!

────────────────────────

まず、パルス系インパクトドライバとはなんぞや・・・?ということで各社から発売されているパルスドライバを集めてみました!

マキタ

TS141DRGX【オイル】

HiKOKI

WHP18DBL(2LXPK)【オイル】

WM18DBL(2LXPK)【電子】

Panasonic

EZ7545LS2S-B【オイル】

MAX

PJ-SD102-B2C/1850A【オイル】

各社1モデルはラインナップされていますね!

私は結構MAXの静音インパクトドライバーがお気に入りで、お店でも使用させていただいておりました。私が使用していたのは上にも載せたパルスインパクトPJ-SD102の前期モデルPJ-SD101でした!

これが結構お気に入りで、ソフトな打撃と低騒音でお客さまやスタッフとお話しながら作業をしたりしても振動と音があまり気にならないので重宝していました。珍しいので話のタネにもなります(笑)

PanasonicやMAXのモデルは最近はあまり見ないので、出していることを知らない方も多いです。私自身も今までほとんど買い取ったことがない機種なので是非また買い取ってみたいものですね~

余談はおいておいて・・・。

早速パルスドライバーについてお話しようと思います。

パルスドライバーは【オイルパルス】と【電子パルス】に分類されますが、1言で言うと「静かなインパクトドライバー」と言えると思います。

ではどうやって静かなインパクトドライバーを実現しているかと、秘密は「正転と静止(逆転)」を交互に行うことで緩やかな打撃を実現しています。

詳しくお話しますと、

【オイルパルス】方式のインパクトドライバーでは、ハンマケース内に充填したオイルの油圧で打撃を加え、圧をリリースすることで静止させています。

HiKOKIのWHP18DBLの場合だと・・・

ライナ部が回転し、メインシャフトのシール部がライナと接触することにより圧力がかかりブレードを押し、トルクを発生。その後シャフトが回転することで圧力が逃げシャフトが静止。

これを繰り返すことで柔らかく、騒音の少ないインパクトドライバーを実現させています。

一方の【電子パルス】方式のインパクトドライバーでは、モーター制御により、物理的に正転と逆転を小刻みに繰り返すことによって打撃を発生させています。

HiKOKIのWM18DBLだと・・・

まずは通常のインパクトドライバーと同様にハンマがアンビルを叩きます。叩いて少し押し込んだ際に少しだけモーターが逆転し、再度正転を始めます。これを繰り返すことによって静音を実現させています。

2方式とも「正転と静止(逆転)」を繰り返すのが静音のカギになっていますね!

さて、ここまで仕組みのお話させて頂きましたので、「じゃあ実際インパクトドライバーとしてはどうなのよ?」といったところにお答えしていこうかと思います。

スペック上はパルスドライバーは騒音値こそ「70~80dB」とかなり抑えられておりますが、トルク値は「30~40N・m」とかなり控えめ、更に価格が定価ベースで約10,000円ほど高額になっております・・・。

これじゃあ普通のインパクトドライバー使ったほうが良くない???

そう思われる方も多いかと思います。

ですが、このパルスドライバーにはスペックでは表せない強みがあるのです!!!

それは

トルクのかかる時間が長い!

これはどういうことかというと、パルスドライバーは通常のインパクトドライバーと違い、打撃を加える際にシャフトを圧などで押すのです。そう、押すのです!!!

なので叩くだけの通常インパクトと違い、最大トルクを維持したまま押してくれます!

これによって「木材相手のビス締め等の低トルクの作業であれば、通常のインパクトよりも作業効率が良い」利点があります!

ただ、こちらも長い時間押すことによってビットが部材から外れる現象(カムアウト)が起きやすいので使うには多少慣れが必要かもしれません・・・。

長所と短所をまとめると

【長所】

●低騒音で都心部や住宅地での作業がしやすい!

●低トルク作業は通常インパクトよりも作業効率が良い!

【短所】

●トルク値が控えめなのでボルト締め付け等の高トルク作業には不向き

●カムアウトしやすいので使い慣れが必要

●価格としては少しお高め

といったところでしょうか。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました。

電動工具は安い買い物ではないだけに、あまり失敗したくないですよね。特にインパクトドライバーだと常に身の回りにある相棒的な存在ですので、気に入ったものを選べると嬉しいですよね♪

この記事が少しでも商品選びの参考になれば嬉しいです♪

桶川店店長 杉浦 優輝

桶川店店長 杉浦 優輝 プロフィールはこちら

工具はまだまだ知らないことも多いひよっこ店長です!

趣味は歌詞を見ること!ですかね・・・?
歌詞カード見るの好きです。

杉浦 優輝の記事一覧はこちら

関連記事