コラム
COLUMN

代えがたい自分の工具

工具に関する豆知識
手工具ハサミ
戸田店スタッフ  Kinoshita.M
Kinoshita.M草加店

俺の工具コラム初投稿 アルパカです。

自慢でもなんでもないのですが、

愛用している工具をご紹介します。

それは画像にある通り 古い丈夫なハサミ です。

このハサミに巡り合う前まで、普通に店頭に出ている安っぽいハサミを使っていました。

所が、無理使いするので持つ所(プラスチック部分)から折れてしまったり、切れ味が悪かったりと悩みの種でした。

 

ある日、このハサミを持ったお客様が、「これいくら?」と聞いてきたのです。

私は古いハサミだなぁと思いながらラベルに記されている値段を確認しお客様へ”580円です”

と伝えました。お客様は”高いからいいや”とおっしゃり購入を諦めました。

私はここで閃きました。”ま・て・よ・”このハサミ高いんじゃないか?

調べましたが、「村屋」なる品物全然出てきませんでした。

大した事ないか!って思い、後で戻そうと作業台に放置したまま数日が経ちました。

 

ある日、何の気なしにこのハサミでケーブルタイを切って見たところあれっ!って思いました。

思いのほか切れるんです。しかも手に馴染むんです。

ちょっと重いのですが、持つ所も丈夫ですしこの日から手放せなくなりました。

そんな大事なハサミなんですが、よく無くすんです(汗。

でも、不思議とちょっと探すと見つかるんです(汗

今でも、たまに砥石で研いでます。

◆挟みの歴史をちょっと調べてみました。

ハサミの歴史はとても古くて、紀元前1,500年頃には既にあったと言われています。
その中でも紀元前1,000年頃、古代ギリシア時代に作られたとされるハサミが現存する最古のハサミとされています。
このハサミは『U字型の握り鋏』と同じ形をしていて、主に羊毛を刈る時に使われていたと考えられています。

日本では6世紀に中国を通して伝わったと考えられており、この時代の古墳からの出土例もある。
古代・中世には主に握り鋏が用いられ、また金属製のものの他に木製のはさみも作られていた。
ただ裁断などの用途には小刀が用いられていたため、はさみの普及は職人や華道など限定的なものであった。

量産されるようになったのは江戸時代から、
一般庶民に普及したのは江戸時代末期から明治時代頃と言われています。
明治時代から普及した背景には、衣服の洋装化により従来以上に複雑な布の裁断が必要となったことが一因となっているそうです。

◆挟みの命「鋼」ってご存知でしょうか?

鋼は今では金へんに岡と書きますが、昔は刃金、つまり刃物に使われる金と書いていました。
硬くて刃物の役に立つというので重宝がられていました。刃物の代表が日本刀でしょう。
日本刀は焼入れによって正宗のような名刀にもなるわけです。
鋼(刃金)といえば日本刀、日本刀といえば焼入れというように刃金と焼入れ、つまり熱処理は切っても切れない関係にあります。
鋼は熱処理によって生かされるといってもいい過ぎではないでしょう。
なませば軟らかくなるし、焼を入れれば鉄かぶとをも切る名刀にもなるのです。
こんなに有用な性質をもっているので「鋼(孝)は百工(百行)のもと」ともいわれ、すべての工業の根本をなしています。

こんなに有用な鋼でも、その生まれを洗えば、ナマクラな鉄や脆いズク鋳物、つまり鍋や釜の鋳物と同じ兄弟分であって、その血統は鉄(Fe)と炭素(C)の合金です。
つまり、Cが0のものが鉄(Fe)、Cが多からず、少なからず適当に入っているものが鋼、多すぎるくらいに入っているものが鋳物(鋳鉄)ということになります。
FeにCが混ざる割合で、鉄、鋼、鋳鉄の区別ができるのです。

鉄は炭素の割合(Cパーセント)が少なすぎて軟らかく(0~0.04%)、鋳鉄は炭素の割合(Cパーセント)が多すぎて脆く(2.1%~6.7%)、鋼がちょうど手頃なCパーセント(0.04~2.1%)硬さとなります。
軟らかい鉄(Fe)に炭素(C)がわずか0.04~2.1%入っただけで硬い鋼に変身するから不思議ですね。

鋼が FeとCの混ざった合金であることは前に説明したとおりですが、実は正確にいうならば、鋼には炭素(C)のほかに、ケイ素(Si)、マンガン(Mn)、リン(P)、硫黄(S)、が混ざっているのであって、Cとともにこれを鋼の五元素といっています。

絶妙な配合比率誰が考えたのでしょうか?

正に匠の技ですね?

これからも大切に扱いたいと思います。

戸田店スタッフ  Kinoshita.M

戸田店スタッフ  Kinoshita.M プロフィールはこちら

戸田店はコチラ
勤続5年半程 2019年4月に所沢店に移動。2019年8月に戸田店へ移動
周りからは「きのぴー」とか「アルパカ」って愛称で言われています。休日は主に娘のお世話で一日が終わります(汗。趣味はオークションでの古物集めです。
今一番欲しいものは自分用のパソコンです(これも娘が占拠してます)。

Kinoshita.Mの記事一覧はこちら

関連記事