• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

エア工具の必需品!

工具に関する豆知識
エア工具
工具のプロ  サルトくん
サルトくん柏店

いつもご覧いただきありがとうございます。

アクトツール柏店の佐伯です。

店長がエア工具の事について書いていたので、対抗意識全開でこちらもエア工具の話しを書いてみたいと思います。

店長は修理のよくある話に対して、こちらは使っていてよくあるパターン!

それは「ネイラオイルの使い方!」です!

入れ方をわかっている人からしたら当たり前の話になってしまうんですが、意外に使い方を理解されいていない方も多いんです。
それが原因で故障なんてこともあるのでちゃんと使い方を知ってもらえたらと思うんですね。
なので、知らなかった方はぜひ読んで次から役立てもらえると嬉しいです。

それではまず一個目のネイラオイル使い方問題。

「ネイラオイルって、なに?そんなの入れたことないよ」

そもそもなんなのって話ですね。

ネイラオイルとは釘打ち機やネジ打ち機などのエア工具用の潤滑油になります。

ネイラオイルが入っていることで中が湿り、ピストンなどが滑らかに動きスムーズに釘などが打てるようになります。
また、トリガーなど固まってエアーが抜けてしまうのを改善してくれる事もあります。
逆にネイラオイルが入っていないと工具の中が乾いてしまい、パッキンやシールなどが割れてしまい故障の原因となります。
なので、使用前にはエア工具にネイラオイルを1、2滴(ネジ打ちの場合は5~10滴程度)いれてからご使用ください。

では、次ぃ!

「油ならなんでもいいんでしょ?556とかさぁ?」

これはネイラオイルの話をした時によく言われるワードですねぇ。

そもそも556って灯油に近い成分になっています。
乾くのも速く、中のパッキンやシールが割れてしまったり、グリスを溶かしてしまいエア工具の故障する原因となってしまいます。

なので、556は絶対に使ってはダメです!

だからと言って、556が悪いということではないですからね。
あくまでもエア工具とは相性が悪いってだけで、錆止めなどに効果を発揮するのでエア工具以外で使っていますよ。
なのでエア工具には専用のネイラオイルをちゃんと使ってください。

一番左の購入時に本体と一緒に入っているものや、
メーカーから販売されているものなど有りますので使いやす物を選んでください。

ドンドンいって、次はぁ~~?

「チャンとさしてるよ!釘が出るところから!」

これは実際は言われることはないんですが、クリーニングしている時や修理している時に発覚するパターンですね。
確かにネイラオイルをさしてはいるんですが、いれる場所を間違っています。

正解はエアホースを取り付ける部分からオイルを入れてあげるのが正解です。

ピストンの出口からネイラオイルをさしても循環せず、出口から出てきてしまうんですよ。
結果、釘打ち機本体にネイラオイルがついてしまいそこにゴミがくっついてしまいます。
ゴミが多く付いていしまうと釘送りに支障が出てしまったりします。

当然循環していないので、中はカサカサでネイラオイルをさしていない状態となんら変わらなくなってしまいます。

ですので、ちゃんとエアホース取付口からネイラオイルを注入してください。

高圧用工具穴が小さいので写真のようなネイラオイルだと入れやすいですよ♪

常圧用はここからですよ!

それでは次で最後っ!!

「俺はエアの取付口から入れてるよ!! たぁくさんね!!」

さっきの取付口問題はクリアーしているけど、入れ過ぎもよくありません。
入れ過ぎても取付口問題と同じようにピストンの出口からネイラオイルが出てきてしまい、
釘打ち機本体に問題があったりくぎを打つ母材を汚してしまったりしまうので注意が必要です。

うっすらとオイルが溜まっているのが見えるでしょうか?
これが母材に付いたり、ゴミがくっついたりしてしまいます。

また、中にたくさん残った状態だと中のパッキン類にダメージを与えてしまう場合もあるので注意が必要です。

基本的に1,2滴をいれ湿らせる程度で大丈夫です。

ただ上にも書いたようにネジ打ちの場合は駆動する部分が多くあるので、気持ち多めの5~10滴程度入れてあげてください。

何事も適量が大事です。

以上となりますが、いかがでしたでしょうか?

基本的に釘打ち機やフィニッシュネイラ、エアタッカにインパクトレンチetcのエア工具全般に共通する事です。
ただでさえ工具は販売金額が高く、ちょっとしたことを忘れるだけで故障してしまいます。
そして、故障したときにかかる修理代も馬鹿になりませんので、たかがオイルと思わずに作業前にちゅっちゅっと入れてくださいね。

手元にない場合はアクトツール全店でぜひ買ってくださいね。

それではまたお会いしましょう!

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事