• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

BAHCOとBELZERと心強さと

工具に関する豆知識
BAHCOバーコブランド工具BELZER
川崎店スタッフ 加藤 瑞步
加藤 瑞步川崎店

GWに突入と同時に平成が終わりますね!
令和になるので、書類などの変更がちょくちょくあって、思っていた以上に大変です・・・
こうやって時代は変わっていくんだなーと感じてます。

ブランド工具を見ていても時代の移り変わりを感じられる事がよくあります。

さて、数あるブランド工具の中から今回は「BAHCO」というメーカーに注目を当てて見たいと思います!!

1886年スウェーデンにて創業。
1892年モンキーレンチで特許取得。
1991年SANDVIK社の傘下になる。
1999年スナップオンに売却されて、BAHCO ABとなる。

ざっくりとバーコの歴史を書いてみました!本当にざっくりですけどw

皆さんはバーコと言われて何を思いうかべますか?

大抵の人もそうだと思うのですが、モンキーレンチが一番代表的な物かなと。
自分がアクトツールに入社して初めて買ったブランド工具がバーコのモンキーでした。
通常のではなく、薄型の物でしたけどね。狭い所に入れれるのでかなり愛用しています。
ちなみに、バーコは一貫してアジャスタブルレンチと呼んでいて、モンキーレンチとは表記してません。
アジャスタブルレンチの原型を作ったのが、ヨハン・ペッテル・ヨハンソンという方です。

バーコは世界で初めてモンキーレンチ(アジャスタブルレンチ)を開発したメーカーになります。
上記には書いていませんでしたが、パイプレンチの特許も取得しています。
あとは、工具メーカーっぽくないロゴも目立ちますね!!
自分は魚と釣り針のロゴはかわいくて好きです!
最近のバーコのロールキャブ・トップチェストもなんとなく可愛らしくて欲しくなってしまいます・・・

ロゴについて、

なぜ工具メーカーなのにあまり関係なさそうな魚と釣り針のロゴなのかが気になっちゃいまして
調べてみました。

色々な方がブログで書いておりました!
なので、簡単に言えば
昔は、良質な処理をされた鋼を使って作られていたのが釣り針だったそうです!
なので、釣り針をロゴに入れることによってこれはいい品質の物ですよ!というのが一目でわかったそうです。

ちなみに、バーコは釣り針は作っていなかったみたいです。
自分は最初釣り具メーカーから派生していったのかと思ってましたw
恥ずかしい・・・

ロゴですが、バーコにも旧ロゴがあるのを御存知ですか?
自分はまったく知らず、今回色々と調べて行くうちに知りました。
旧ロゴは釣り針がなく、魚は魚でもサメがロゴになっています!
画像では見ましたが、シャープな感じですごくかっこいいです。
お店にも1点でいいから飾りで置きたいです。

では、いつから今のになったのかというと、元々は鋸刃などが主力製品であったSANDVIK社のハンドツールに使われていたマークで、そのSANDVIK社にバーコが吸収された時からだそうです。

バーコの工具で他には、人間工学に基づくドライバーが有名ですね。

エルゴドライバーは当店にも数点ありますが、握りやすくていいと思います!
他のメーカーに比べると握り部分がシュッっとしていて少し細い印象です。
普段使っているのがヴェラのドライバーなので、大分違います。

 

そんなバーコですが、SANDVIK社の傘下になってから、バーコを含む手動工具部門は1999年にスナップオンに売却されて、今はスナップオンが親会社になっているみたいですね。

今回バーコをブログに書こうと思い始めた時に、このメーカーにも触れなくてはと思い少し触れて行こうかなと。
その名は

「BELZER」

今はもう無くなってしまったブランドです。
BELZERは1884年にドイツのヴッパータールから始まり、1925年にクロムバナジウムで作られた最初の工具を製造する!
1975年にDOWIDATを勢力に加える
1988年BELZERはBAHCO傘下になります。
1991年SANDVIK傘下となる。
1999年スナップオンに買収
2008年BELZERブランドの製造販売を終了し、BAHCOブランドとして統一する。

ブランドが無くなってしまい、BELZER商品を手に入れることはほぼ出来なくなってしまいました。
もう見れなくなってしまうと思うと切ないですね。
当店にはBELZERのソケットも少数ですが置いています。
ブランド名が「BELZER」・「SANDVIK BELZER」になっています。
現在はラチェットなどBAHCOで同名の製品を販売しています。

 

今回は色々とロゴについてなどを話しましたが、ブランドの顔となるロゴはいつみてもかっこいいなと思います。
その年代によって若干違ったりなどするし、ロゴや刻印で時代の移り変わりなどがわかるのもまたいい!
数は少ないですが、西ドイツ時代の物なども当店ではあります。
BELZERのロゴで実物を見てみたいなと思ったのは、バーコの魚と釣り針のロゴの上にBELZERと書いてある製品を見てみたいですね。

今回はこの辺にて終わりにしようかなと思います。
もしこのコラムをみて、ここ違うんじゃ?みたいな所があったら心の奥底にしまってくださいw

ではまた。

川崎店スタッフ 加藤 瑞步

川崎店スタッフ 加藤 瑞步 プロフィールはこちら

こんにちは。アクトツール川崎店の加藤です。スタッフの方たちとは、楽しく雑談しながら仕事をしています!まだまだ工具の知識量が少ないので上司やお客様から教えてもらいながら奮闘しております。今は、ショーケース内を華やかに見せるために、自分の好きなキャラクターのフィギュアなどをこそこそと配置したりしてますwこれからまだまだ増やしていく予定です(^-^)

加藤 瑞步の記事一覧はこちら

関連記事