• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

ラチェットって工具?打楽器?

工具に関する豆知識
ラチェット
工具のプロ  サルトくん
サルトくん戸田店

■枕、というには関係のある前書き

前回(リンクをはる)も少しお話しましたが、私はアクトに入る前は工具についてはな~~~んにも知りませんでした。
当然、工具の名前も最初はなかなか覚えられません。
工具ひとつでも様々な呼び方があるからなおさらです。
そんななかでも、思わず名前だけで「面白い!」と興味を持った工具、それが”ラチェット”でした。

■「ラチェット」という名前の意味

辞書でラチェットをひくと「爪車(つめぐるま)」等と出てきます。
工具としては、「動作方向を一方に制限するための機構」というのが、短く的確に表した表現かもしれません。
スパナ等他の工具で代用もできるんですが、そうすると何度もソケット抜き差ししたりしなければなりません。
そうするとどうしてもナメりやすくなりますし、何より疲れる!と思うんです。
そんなときのラチェットです。
このコラムを読んでくださっている方は、きっとラチェットを扱ったことがあると思います。
かちかち、と爪と歯車の鳴らす音、覚えがありますよね?
あれをはじめて聞いた時、私は一緒だ!って思いました。
何が、というと…

■ラチェットは楽器?

ラチェット、という打楽器が、まさにああいう音がするからです!
歯車をまわして、木で出来た舌を弾いて音を出します。
手でハンドルを回すタイプと、ぶんぶん振り回すタイプとありますが、
私が触ったことがあるのは、前者のハンドル型のものだけです。

■打楽器と工具

実は私、中学入学時から20歳すぎまで、
吹奏楽部やらマーチングバンドやらで、ずーーーっと打楽器をやっていました。
ラチェット、アゴゴ、ビブラスラップ、ウインドチャイムにクラベス……
今考えれば、これだけ練習すればいい、なんて決まったものはひとつもなくて(絶対クリアしなきゃいけないものはありますが)
その時の曲に合わせた打楽器、合わせた演奏方法がありました。
ちょっとだけ、工具にも通じるかもしれません。
目的に合わせた工具を選んで、合わせた先端工具を選んで、動作のスピードなども目的に合わせて…。
実際に現場で使用したことがないのがほとんどの私たちですが、
これだけ知っていればいい!なんて工具はやっぱりありません。
だから面白い。
毎日工具を見ていても、全然飽きない。
知れば知るほど面白い!となるのもまた、打楽器と工具の共通点かもしれません。

■好きな楽器と世間の狭さ

ここで余談ではありますが、私の好きな楽器と工具の話をそれぞれ。
打楽器で好きなもの、というと最初に浮かぶのは「アゴゴ」です。
アゴゴベル、とも呼ばれるこの楽器は、とても単純に叩いて音を出すもの。
高音と低音を交互に叩いてリズムを奏でるこの楽器との出会いは、中学1年生の時。
マーチングバンドに所属して、初めてのパレードで担当したのがこのアゴゴでした。
楽譜なんてなくて、基本のリズムだけ教わり、あとはある意味テキトーに叩いていい、という役どころだったように思います。

マーチングバンドといえば、アクトに入ってびっくりしたとあるエピソードがあります。
それは私が川崎店で働いていた時のことです。
前回、カンナの謎を一緒に解いたパートさんと、今は大体町田にいる久慈さんと、3人でお話していたところ、
3人の意外な共通点が発覚したのです。

それは………なんと3人とも「ディズニーランドでパレード(演奏)をしたことがある!」ということ。

3人が3人とも口をそろえて「これって結構自慢だったはずなのに」「3人とも!?」とすごく驚いた覚えがあります。
マーチングバンドの大会などで賞をとると、演奏できる権利が副賞でついてくるんです。
それぞれどんな工具ーーじゃなかった、楽器をやっていたかは、直接店頭にてお問合せくださいませ♪

そんな久慈さんの俺の工具箱、最新記事はコチラ→ https://act-kougu.com/column/201906141131-6959/

■閑話休題。

ラチェットありますか?ってお店でよく問い合わせを受けるのですが、
答えは「中古のラチェット、入ってもすぐ出ちゃうんです」というかんじで、選択肢があまりないことが多いのが現状となります。
差込角・ギア数・ハンドルの長さ・トルクの軽さなどなど、
中古だと「これが欲しかった!」というぴったりのものが見つかるのは、なかなかに難しいかもしれません。
なのでもし、見つけたときは迷わずレジまでお願いします!

どれくらいのトルクをかけたいのか、
使いたい場所の狭さ、などなど。
送り角度(ハンドルを振る角度)が小さければ小さいほど、狭い場所での作業はしやすくなります。
角度が小さいということはギア数が多いということなので…、そこらへんを目安にギア数を選んで頂ければ、と思います。

……と、ここで仕入れ品のラチェットのギア数を確認しにいったらなんと、「108枚!」でした。
中古のラチェットについては、ギア数がわからない場合もあります。
なので、実際に触ってみてください!

■次回予告

次回のネタは未定!
今回は好きな打楽器の話ばっかりだったので、次は好きな工具についてお話してみたいです。

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事