• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

DIY工具のブランドをちょっくら解説してみました

工具に関する豆知識
電動工具SHINKONAKATOMIREXON
岩槻店店長 菅谷 佳則
菅谷 佳則所沢店

こんにちは!所沢店の竹内です!

そういえば梅雨って来ました?

何か知らないうちに梅雨入りして梅雨明けしてたみたいで「ほえ?」って感じでした。

まあジメジメ嫌いなので良かったです!

さて、本日はプロとは逆行してDIY用電動工具について書きたいと思います。

と言っても商品の内容ではなく、今回はブランドについて掘り下げていきたいと思います。

もしかしたら皆さんも一度くらいは使ったり購入したことがあるかもしれませんね!

アクトではDIY用工具は比較的良く入ってきます。

安価な事から、ライトユーザーだけではなくプロの方でも、ちょい使いや本職の工具でな

いものをご購入いただいたりします。

今回ご紹介するブランドは代表的なものや、私個人が良く目にしていたものをピックアップ

しています。

他にもたくさんブランドはありますので探してみて下さいね!!

■新興製作所(SHINKO)

こちらは東京都千代田区にある電動工具メーカーさんですね。

すぐ隣の台東区に全く同じ社名の会社さんがありますが別会社です(笑)

新興さんはDIY電動工具メーカーの中でも老舗で、私個人も一番関わりが強いメーカーさん

です。

私は前職でこちらの営業さんとは良く一緒に仕事をしておりました。

私が業界に飛び込んだ20年前には既に電動工具を作っていて、当時はDIY用電動工具を専門

に製造しているメーカーさんはほとんど無かったので市場はほぼ独占していたのではないで

しょうか。

世の中がデフレに突入する前だったので、DIY用といえどそこそこの値段がしていた記憶が

あります。

商品も、当初は正直いって不良品が少ないとは言えませんでしたが、技術の向上と競合の

増加による切磋琢磨で、価格は上げずにクオリティは格段に上がったという定評があった

根強いファンがいるメーカーさんだと思います。

■HOMETOOL(ホームツール)

こちらは株式会社ナカトミさんというメーカーさんのブランドです。

現在は電動工具の取り扱いをやめてしまっていて、NAKATOMIというブランド名に変わって

いますが、昔は驚異的な低価格で他社を圧倒していました。

しかしコスト重視しすぎたためか故障が多く、そのイメージが付いてしまっている人もいる

かもしれません。

また当時はエアーコンプレッサーなどのエアー工具を「AIR TEC(エアーテック)」のブランド

で販売していましたが、現在はNAKATOMIに統一しているようですね。

そしてこのメーカーさんの1番の魅力は、特殊な機械の豊富さではないでしょうか。

薪割り機・スポットクーラー・送風機・エンジン高圧洗浄機など、他のDIYメーカーではあまり

見かけない商品のラインナップが揃っています。

また最近では商品の質にこだわっているような印象を受けます。

昔のような安価なイメージとは裏腹にクオリティ重視の戦略にシフトしたのではないでしょうか。

■REXON(レクソン)

こちらのメーカーさんは謎多きメーカーさんです(笑)

実は私は日本のメーカーだと思っていました。

実際は台湾のメーカーさんのようですね。

どうりで情報が少ないわけだ~

主に木工機械を中心に作っているメーカーさんで、DIYという括りではありますが実際に質もお値段

も他社より高めです。

また一流メーカーのOEMも手掛けているようで、その品質には定評があるようですね。

とはいえNB(ナショナルブランド)商品に比べれば格段に安価で手に入るので、DIYだけどそれなりの

道具が使いたいという方にはお薦めのメーカーさんかもしれません。

ただ残念なのがカテゴリが多くないという点でしょうか。

■NINE DIA(ナインダイア)

ここまではメーカーさんのご紹介でしたが、ここからは商社さんがPB(プライベートブランド)とし

て扱っている工具ブランドの紹介です。

こちらのナインダイアは、元々は相忠さんという商社さんのPBです。

現在はアステージという社名に変わっていますが、数年前にナインダイアのブランドの取り扱いも

やめてしまっています。

今では幻のブランドとなっているのではないでしょうか(笑)

ただしアクトのように中古の取り扱いをしていると、たまにお目にかかることがあります。

商品の特徴としては価格も安く、パームサンダーなどの工作系のオーソドックスなものが多いので、

DIY入門編工具としては丁度良いかもしれません。手に入ればですが(笑)

■Power Sonic(パワーソニック))・パオックコーポレーション

こちらのブランドは新潟精機という商社さんのPBになります。

パワーソニック・パオックというそれぞれのブランドを持っています。

詳しい内情はわかりませんが、私の勝手な分析としてはパワーソニックは新潟精機という会社を

前面に押し出したPBで、機械に特化してコアな商材もあると言った感じでしょうか。

一方、パオックはパオックコーポレーションという公式サイトがある事から、別会社という認識を

打ち出し、OEMの要素が大きいイメージがあります。

パオックは電動工具だけに限らず、手工具などの幅広いラインナップも特徴です。

■E-Value(イーバリュー)

こちらは藤原産業という大手商社さんのPBです。

SK11というブランドの方がなじみがある方も多いのではないでしょうか。

手工具などのPBはSK11というブランド名で、電動工具に関してはイーバリューというブランドで

住み分けをしていました。

しかし、最近ではSK11というブランドが浸透しすぎてしまったせいか、電動工具もSK11のブランド

で作っているようです。

そもそもSK11ってメーカーじゃなかったんだ!?って人もいるのではないでしょうか(笑)

そのくらい圧倒的なアイテム数とネームバリューがあるPBになっています。

そのせいかイーバリューというブランドはあまり目にしなくなりましたね。

もう一つの理由の憶測としては、イーバリューという登録商標を持ってる別会社さんがあります

ので、大人の都合というやつかもですね(笑)

■EARTH MAN(アースマン)・M&M(エムアンドエム)

こちらは髙儀という商社さんのPBです。

髙儀さんは電動工具のPBをアースマン・M&Mといった2種類のブランドを持ってます。

それぞれ同じような機種も少なくはないのですが、昔その違いを髙儀の営業さんに聞いてみたこと

があります。

その人いわく、アースマンは質を意識した商品、M&Mは価格を先行した商品・・・だそうです。

最近ではアースマンに力を入れている傾向を感じます。

リチウムイオンバッテリーシリーズもラインナップが豊富で、デザインも洗練されていて

カッコイイですね!

■trad(トラッド)

こちらは三共コーポレーションという商社さんのPBです。

価格と質のバランスが良いブランドではないでしょうか。

三共さんは電動工具以外のPBも数多く取り扱っており、アイテム数ではトップクラス。

昔は電動工具の取り扱いイメージが無かったのですが、ネットで調べてみるとこんなにあるん

だ!?という感じです。

これからもどんどん増えていきそうなので、今後の展開に期待大のブランドかもしれませんね。

今回はこの辺にしておきます!

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

ちょっと変わったネタをこれからも書いていければと思いますのでよろしくお願いします!

ではでは再見!

岩槻店店長 菅谷 佳則

岩槻店店長 菅谷 佳則 プロフィールはこちら

アクトツール岩槻店店長の菅谷です。岩槻店で唯一の眼鏡男子です!
工具買取査定歴は約7年ですが常に初心を忘れず一点一点丁寧かつ迅速な査定を心掛けています。買取相談、見積もりだけでも大歓迎ですので、まずはお気軽にお問合せ下さい。
ちなみに唯一の趣味は5年程やってませんがブラックバス釣りです。

菅谷 佳則の記事一覧はこちら

関連記事