コラム
COLUMN

電源の50Hzと60Hzの違いって?

工具に関する豆知識電動工具
鴻巣店スタッフ 樽川 真弥
樽川 真弥鴻巣店

どうも!アクトツール鴻巣店の樽川です!

最近ホントに寒くなってきて外に出るのもおっくうになってきますよね。。

僕自身、かなりのインドア派なのでこの時期外にはまったく出られません!笑

皆さまお体には十分注意してお過ごし下さい。

 

本題ですが、今回は

地域差によって50Hzと60Hzという2つの周波数の違い

についてご説明させていただこうと思います。

自分も勉強中でして至らぬ部分等ありましたら是非教えてください!

 

日本には西日本、東日本を分けて「50Hz」と「60Hz」と違う周波数の電気が流れています。一部2つの周波数が混在している地域もありますね。

ちょうど境目が静岡県の富士川と新潟県の糸魚川あたりがそうみたいです。

この2つの周波数はコンセントから取る電源、「交流電源」のみに関係してきます。

電源は直流と交流の2種類あって

(例)

直流・・・乾電池、バッテリー

交流・・・コンセント、電線から取った電源

となります。

 

「50Hz」と「60Hz」と2種類の違う電気の周波数は日本では一般的に認知されていますが、世界的に見ると2種類の周波数が1つの国にあるのは珍しい事なんです。

世界中ではほとんどが国ごとに「50HZ」か「60Hz」のどちらかに決まっています。

ではなぜ、日本では面倒にも周波数が2つもあるのか!!!も含めてご説明させていただきます。

周波数って??

まず周波数とはなんぞやというところでご説明しますと

1秒間に流れる電気が変化する回数のことを言います。

コンセントから得られる電気は、波のように大きくなったり小さくなったりを繰り返します。

電気は定期的にプラスとマイナスが何度も入れ替わり、電流の向きが交互になります。

この入れ替わりが1秒間に起きる波の数が電源周波数です。

つまり1秒間に電気の波が50回起きるのが「50Hz」、60回起きるのが「60Hz」となります。

ではそんな2つの違う周波数ですが、基本的には同じ電気です。

ですが、電化製品によってその周波数を基準にして作られているものがあります。

周波数の違う電気を使うことで、使えなくなってしまったり、故障してしまったりします。

少しですが

使える電化製品、使えない電化製品

を紹介しますね。

●どちらの周波数でも使えるもの

電気コタツ、ポット、電気毛布、電気ストーブ、トースター、テレビ、パソコン

●使えるが性能が変わるもの

扇風機、ヘアドライヤー、掃除機、ミキサー

●そのままでは使えないもの

洗濯機、タイマー、電気時計、電子レンジ、衣類乾燥機

他にもたくさんございますが、参考になればと思います。

お引越しの際はお気をつけ下さい!

なぜ日本には2つの周波数があるのか

時はさかのぼり明治時代。。

日本でようやく電気が使われるようになってきました。

しかし、そのころの日本は電気を作る為の発電機を、外国から輸入しなければならない状態で、

東京には「ドイツ製」の50Hzの周波数を持つ発電機、大阪には「アメリカ製」の60Hzの周波数を持つ発電機がそれぞれ輸入され、電気を作り始めました。

今までに何度も周波数の統一しようという試みが行われましたが、結局今でも東日本と西日本では周波数が別れたままです。。

ですが、最近では以前よりずっと多く「50Hz」と「60Hz」どちらも使える電化製品も増えてきました。

いずれは全ての電化製品が50/60Hz使用可能!なんて日がくるかもしれませんね!

ではでは!

鴻巣店スタッフ 樽川 真弥

鴻巣店スタッフ 樽川 真弥 プロフィールはこちら

アクトツール鴻巣店の樽川です!毎日元気に接客や工具の勉強頑張ってます!
アクトではお客様から買い取らさせていただいた商品がほとんどなので、毎日、毎週、毎月の単位で並んでる商品が入れ替わったりそれに合わせて店内のレイアウトもがらっと変わる時もあるので何度来ても面白くいろんな楽しみのあるお店だと思います!!なので毎日ご来店してもいいよ!

樽川 真弥の記事一覧はこちら

関連記事