• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

マキタの最新型インパクトドライバー【TD001GRDX】とキャンプと!

工具に関する豆知識おすすめ工具
インパクトドライバーHiKOKIキャンプ
工具買取専門館 アクトツール サルトくん
アクトツール サルトくん柏店

■話題の最新型インパクトTD001GRDXをキャンプに持ってったよ!

電動工具の花形【インパクトドライバー】のパワーウォーズも盛り上がりを見せてまいりましたね。Hikoki製のWH36DAなんていう36Vのインパクトドライバーにつづき、マキタもTD001GRDXなるモデルを登場させました!
こっちは40Vを謳う最新モデルです。早速スペックのレビューといきましょう!
今回は外で撮影もいいかなと思ってキャンプ場に連れ出しました。
持って行ったのは基本色のブルーとブラックの2色です。
デザイン的にはTD171を踏襲した感じですかね、それにしてもバッテリーの存在感がデカい!当日は小雨が降り注ぐコンディションでしたがそこはIP56等級の防水保護等級という事でへっちゃらです。無問題。
毎回キャンプで活躍する。コールマン286Aワンマントルランタンと比べると幅は同じ感じですが高さはだいぶ低いですね。(比較対象としてどうなのか?という意見は真摯に受け止めたいと思います。)

お馴染みのダブルライトは健在で思った以上に明るくキャンプでも実用できるかな?といった感じですがこんな使い方をする人は恐らくいないでしょう(笑)
ビスを打つときに影ができづらいメリットがあり大変使い勝手が良いですね。


あっあとケースかっこいいですね!サイドの赤ラインが良い感じです。
ビスやビットを入れとけるツールボックスが不用意に開かない仕掛けになっていてポイントが高いです。キャンプギアともなじむ秀逸なデザインじゃなかろうかと個人的には思います。ハイ
充電器(DC40RA)も40V専用設計となっております。40Vバッテリー(BL4025)を実用充電19分
フル充電まで28分で急速充電可能なデキるヤツです。

■トルク220N.mってすごいの?


などという疑問がわくと思いますが、これは単純にすごいです。
比較すると————————————————————–
・Hikoki製のWH36DAが180N.m
・RIDGID製のR86037が254N.m(メリケン製の18Vインパクト)
・マキタ製インパクトレンチTW0250が250N.m
————————————————————————–
ちょっと間にわけわからんアチラ製のモノを挟んでしまったので
比較としてはなんかすごくない感が出てしまいましたが日本メーカー製のコードレスインパクトドライバとしては最強クラスです。
というか私調べではチャンピオンです。これでマキタの新型インパクトのトルク220N.mのすごさがお分かりいただけましたでしょうか?
高力ボルトもM14までなら規定トルクまで締め付けが可能なんていうのも地味ながらすごいポイントとなってますね。
また、100Vで使うタイプのインパクトレンチと同じようなトルクが得られるというのもすごいですね。
結果発表! スゴイ。以上。

■驚愕の40Vの電池搭載モデル!でも重いんじゃないの?

まずは、バッテリー(BL4025)の話から、意外とバッテリー本体の
重量を教えてくれるサイトが無いので実際に量って見ました!
結果は700g!なのでインパクト本体の重量は900g。実際に手に持って使用する時の重量は1.6kgとなりますね。
なので、マキタの18Vインパクト【TD171DRGX】と比べると100gの違いがあります。これは40Vバッテリーによるところが大きいのは確かですね。これをどうとるか?が購入時のポイントになると思います。
バッテリーの裏面を見るとこのバッテリーの本質が見えてきます。
40Vmaxの表記から察するにバッテリの電圧は40Vと思いがちですが
実はこのBL4025というバッテリー、実質はDC36Vです。
満充電時には40Vの電圧まで充電されるためこの差を元にMAX【40V】の表記にして他社との差別化を図ったものと思われます。多分。
でも日本では単体のセル換算(1セル3.6Vなので)10セルとなる
このバッテリーは36Vというのが本来は基本です。
でも海外では満充電時の電圧でスペックを表すことも多いのでグローバルな視点から見るとまーーOKよ!ということでしょうか。

■で?結局【買い】なモデルなの?


値段がややこなれてきたTD171系とくらべて
新商品という事でTD001GRDXはまだまだ割引は無いので
価格は高値安定といった所ですね。標準小売価格は 71,000円(税別)で
実際の市場価格は安い所でも48,000円(税込)といった感じなので
TD171系と価格差は1万円ほどといった感じです。
またバッテリー含め大きく刷新を図ったモデルとなるため
こういうとアレですが、多少初期ロットでは不具合も出るかな~というのが実売店の不安としては若干ありますね。
さらに40Vと18Vの互換性はありませんので今まで18Vで
揃えてきたユーザーにとってはインパクト以外の工具がまだまだ出そろっていない状況の40V化は二の足を踏む状況にならざるを得ないかなと感じております。
・若干の重量UPの件
・初期ロットの件
・価格の件
・40Vのラインナップの件
以上を踏まえたとして、それでも!という方はぜひご購入をお勧めしたいと思います。
ご購入はぜひお近くの【アクトツール】でという本音を最後にお伝えしたところでスペックレビュー紹介を終わりにしたいと思います。
ありがとうございました!

■お世話になったキャンプ場紹介

今回も前回に続き、神川ゆ~ゆ~ランド自由広場でキャンプをしてきました。
フリースペースというのが今回キャンプしたとこhttp://www.kannanoyu.com/peripheral/
埼玉県の上の方、神川町にある無料のキャンプ場です。無料といってもトイレ、水道施設もある立派なキャンプ場です。
そしてなんといっても徒歩圏内に温泉施設【天然温泉かんなの湯】
かんなの湯http://www.kannanoyu.com/
があるのが最大のポイントではないでしょうか?
塩サウナや岩盤浴、露天風呂もある至れり尽くせりな施設となっております。
以上のような事から、平日でも結構、にぎわっているキャンプ場です!おススメ!
あっ写真は我社、【アクトツール】のキャンプ部の集合写真です。
キャンプ場で見かけたらぜひ、気楽にお声がけください!

工具買取専門館 アクトツール サルトくん

工具買取専門館 アクトツール サルトくん プロフィールはこちら

イメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

アクトツール サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事