コラム
COLUMN

【必読】発電機の修理で失敗しないためのポイントまとめ

工具買取の情報工具に関する豆知識エンジン工具
発電機修理
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

電源の取れない場所や緊急時の電源確保としても利用される発電機ですが、使用頻度や経年的な理由で壊れてしまうケースがあります。
発電のフローが安定しなかったり、電源が付かないなど、壊れてしまう場所や原因はさまざまあるものの、いざというときに利用できなくなってしまうと困りますよね。

そのため、

ユーザー
なんだか調子が悪いなぁ……

と感じたのであれば、早めに修理に出してしまうことが重要となります。

とはいえ付き合いのある修理店や整備業者を知らない場合「どこ頼めばいいのかわからないし……」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、

  • 発電機が壊れてしまった場合の代表的な対処法
  • 発電機でよく故障する部位の代表例
  • 発電機修理に関するメーカーサポートおよび買取業者

などを解説していきます。

いざというときに困ってしまわぬように、事前に覚えておくようにしましょう。

また初心者の方にもわかりやすく解説していきます。ぜひ本記事を参考にしてみてくださいね!

発電機が壊れたら?

発電機が壊れたら?

発電機の場合、タンク内のガソリンの劣化などさまざまな要因が相まって故障してしまう、もしくは調子が悪い状態が続くケースがあります。

そんなときは発電機自体をメンテナンスおよび修理をしていく必要がありますが、大きく分けると「自己修理」してしまう場合と「業者修理」の2パターンがありますよね。

不具合の程度問題にもよりますが、たとえば「エンジンが始動しない」というようなトラブルの場合、

エンジンが始動しない場合

  • スターターハンドルの引きが弱いだけ
  • 燃料が空になっている
  • 空の状態からガソリン補充して間もない
  • スイッチがONになっていない
  • 過負荷状態

上記のように比較的大きなトラブルではないケースも多いです。

このような場合は、業者などには依頼せずともご自分で直せるケースがほとんどではあるものの、場合によっては重度なトラブル事例があるのも事実

機材である以上は、きちんとメンテナンスを実施していても故障はあります。そういった場合は専門業者に依頼して修理をするようにしましょう。

また「トラブルも続いているから買い換えようかな……」と考えているのであれば、買取業者を利用するのもいいでしょう。

工具買取専門店を利用すれば、発電機なども高価買取されるケースがあります。

発電機を買取してもらうことで、売却費用をそのまま新しい発電機の購入費用に充填できるため、買い替えを検討している方にはおすすめの方法です。

よくある故障ポイントご紹介

エンジン式発電機のトラブルには大きく分けると「エンジン系」と「内部回路系」の2種類があります。

どこが原因で調子が悪くなってしまっているのかによって対処法も変わってくるため、ここからは代表的なトラブル事例をご紹介します。

エンジン編

専門家でなくても比較的修理やメンテナンスを行いやすい部分となっています。
修理費用も内部回路系の故障に比べて安く済みます。

それでは早速見ていきましょう!

キャブレーター詰まり

発電機 修理 キャブレーター 詰まり 掃除

(引用:開発部 植田の開発ブログ

使用しない期間は燃料を抜くか使い切る必要があります。
長期にわたる燃料の残留はそれ自体が変質し、キャブレターを腐食させたりエンジン内に異物が侵入しエンジン不動の原因になります。

修理方法 キャブレーターの洗浄が有効な手段ですが、過度に汚染や腐食が進んでいる場合は交換が必要です。
業者の修理相場 2,000円~

以下に修理方法が詳しく解説されている動画を引用させていただきましたので、是非ご覧ください!

オイル交換

発電機 修理 オイル交換

(引用:私、カメラが趣味になりまして…

エンジンオイルは経過とともに汚れてきます。
そのため、一定期間でオイルの交換をしなければ、エンジントラブルの原因となります。

修理方法 エンジンオイルの交換
業者の修理相場 3,000円~

以下に修理方法が詳しく解説されている動画を引用させていただきましたので、是非ご覧ください!

スパークプラグ交換

プラグはエンジンを発火させるための役割があります。劣化とともに火の飛び方が弱くなるため、交換のメンテナンスをしなければなりません。放置した場合は、エンジンが付かないなどの原因となります。

修理方法 スパークプラグの交換
業者の修理相場 3,000円~

以下に修理方法が詳しく解説されている動画を引用させていただきましたので、是非ご覧ください!

他にも以下のような故障があります!

リコイルスターター紐交換 5,000円~
オーバーホール 12,000円~

内部回路編

基本的に発電機のトラブルでは、エンジン廻りに関する不具合などのケースが多いものの、稀に内部の回路系が原因となっていることもあります。

これらの電子回路やインバーターなどに不具合が生じている場合は、ご自身で修理したりするのはやめましょう。

サルトくん
修理する内容も非常に専門性が高くなってくるため、修理業者に依頼してください。

以下に修理相場を記載させていただきます!

メンテナンス内容 対応機器 業者の修理相場
インバーター交換 EF900iSGB 35,000円~
サイクロンコンバータ交換 EM23,EB26,EM26 45,000円~
インバーター交換 EU18i 60,000円~
インバーター交換 EU9i entry,EU9i,EU16i 65,000円~
インバーターユニット交換 EU9iGB(エネポ) 65,000円~
インバーター交換 EF900iS,EF2000iS,EF2500iS 75,000円~
インバーター交換 EU26i 80,000円~
インバーター交換 EF1600iS,EF1800iS 90,000円~

発電機 修理&買取業者オススメ

発電機を新品で購入した場合、保証書が付属するケースが多いです。

購入してから一定期間であれば「メーカーサポート」を受けられる可能性があるため、一度保証書の有無や保証期間などをチェックをしてみましょう。

なお、有名メーカーのYAMAHA・Honda・デンヨー・新ダイワ・ヤンマーは総じて保証期間を1年間設けています。

アクトツール

なおアクトツールでは、発電機に関する「修理」はもちろんのこと「買取」もおこなっています。

普段どおりに使用していたのに急に使えなくなってしまった……」というケースで修理業者が見つからない場合は、ぜひアクトツールにお任せください。

関東を中心に、

アクトツールの店舗

  • 埼玉エリアに8店舗(戸田・川口・草加・鴻巣・岩槻・所沢・桶川・八潮)
  • 東京エリアに2店舗(町田・東大和)
  • 神奈川エリアに1店舗(川崎)
  • 千葉エリアに1店舗(柏)
  • 富山エリアに1店舗(富山)
  • 福岡エリアに2店舗(福岡・久留米)

の計15店舗を展開しているため、お住いのエリアの店舗をご利用いただけます。

またアクトツールでは、発電機の買取と販売もおこなっています。

現状で不具合が発生してしまっている発電機でも、メンテナンス・修理の対応ができるため、他店舗では値段が付きづらいような機器であっても買取できるケースがあります。

これ売れるのかな……」と不安になっている方は、お気軽にご相談いただければと思います!

また買取をした場合はすぐに現金化もできるため、新しい発電機などの購入費用に充てることも可能です。

中古品はもちろんのこと、新品などの取り扱いもしているため、ぜひアクトツールをご利用ください!

まとめ

発電機は非常用電源などでも利用するケースもあるため、基本的に不具合がある状態はよくありませんよね。

そのため、

ユーザー
なんか最近調子が悪いなぁ……

と感じたのであれば、完全に壊れてしまう前に修理してしまいましょう。

オイル交換やプラグ交換など、比較的自分でも簡単に修理できる部位で直ってしまうケースもありますが、なかには専門業者でなければ直せないケースもあります。

そういた場合は、保証期間中であればメーカーサポートを、保証期間が切れてしまっている場合は修理業者に依頼するようにしてください。

なお購入から相当期間が経過していたため「もともと買い替えを検討していた」という場合は、中古工具買取店に売却をしてしまうのもいいでしょう。

工具取扱専門店で売却処分をすることで、高価買取されるケースもあるため、一度査定依頼などをして買取金額を確かめてみるのもおすすめです!

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事