コラム
COLUMN

【豆知識】玄翁(げんのう)って?ハンマー・金づちとの違い

工具に関する豆知識大工道具
玄翁
工具専門ライター 上重 静雅
上重 静雅

玄翁 ハンマー 金づち

玄能は、殺生石(傍を通るものを殺す石)を大きな金づちで退治した
「玄翁和尚(げんのうおしょう)」が由来になっているらしいです。

そんな歴史ある日本古来の金づちは、現代の建築現場においてもプロが愛用する優秀な工具です。

また、DIYでも活躍する工具ですので、知識を深めておいて損はありません。

それでは早速、一緒に見ていきましょう!

そもそも玄翁って?

玄能(げんのう)」はハンマーの一種で、すごい優秀な工具なんです。

ハンマーを新しく買う際に、検索しているとトンカチであったり金鎚や玄翁までもが候補として出てくると思います。

そこで、

「金槌・ハンマー・玄翁のそれぞれの違いは何?」

こうした疑問が湧くかと思います。

そこで、「金槌とハンマーと玄翁についての明確な区分」について紹介していきます。

具体的な流れとして

  1. ハンマーとは?
  2. 金槌(かなづち)とは?
  3. 玄翁(玄翁)とは?

の順で説明していきます。

それでは早速見ていきましょう!

ハンマーとは?

「釘を打つ」・「ノミを叩く」・「物を打ち付ける」・「物を潰す」ための打撃する部分と、
手で握る柄の部分で作られている工具の総称を日本語で「つち」といい、漢字では「槌」「鎚」と書くのです。

「つち」は英単語に直すと Hammerで 、カタカナ表記が普段からよく耳にする「ハンマー」です。

次は金槌を見ていきましょう!

金槌とは?

つち」のうち、打撃する頭の部分が金属製のものを「かなづち」といい、漢字では「金槌」・「金鎚」と書きます。
金鎚といった場合はおもに「先切金槌」という片側が平らで、もう一方の片側の先端が尖った形状の釘打ち用の金鎚を指す場合が多いです。

通常の釘打ちには平らな面を、仕上げ打ちや入隅などせまい部分で打ちこむ場合に尖った面を使用します。

また、おわかりの通り、「かなづち」に対して、打撃部分が木製のものを「木槌(きづち)」といいます。

おまけ情報として、金鎚 =トンカチです。
釘を打ち込む際の「トントン、カチカチ」という擬音が名称の由来になっている説が有力です。

最後に玄翁を見ていきましょう。

玄翁とは?

「かなづち」のうち、打撃部分の片側が平らに、片側がわずかに凸状に膨らんでいるものを「げんのう」といい、
漢字では「玄翁」や「玄能」と書きます。

ちなみに、正しくは玄翁(げんのう)で「玄能」は当て字です。
冒頭にも紹介したとおり、玄翁は玄翁和尚という曹洞宗の高僧の名前が由来です。

玄翁には側面が使えるような形状をもつ種類もあり、使う場面に応じて使い分けが可能です。

また大工用のほかに石工用があり、石材の切り割りに使われることもあります。

 

まとめとして、

ハンマー>金鎚(かなづち)・トンカチ玄翁

のような感じです!

ハンマーという大きい括りのなかに、金鎚があり、金鎚の中に玄翁がある感じです!

ハンマー 金づち 玄翁

ココまでハンマーからの玄翁の括りに着目してきましたが、ここからは玄翁の種類に着目していきましょう。

八角玄翁?玄翁の種類をご紹介!

玄翁の頭の種類

打面が2つある両口玄能は、形状により以下の4種類へわかれます。

  • 丸玄能
  • 四角玄能
  • 八角玄能
  • 片八角玄能

それぞれ画像つきでご紹介していきましょう。

・丸玄能

丸玄能は形状が丸く、「関東では小判型」「関西では真丸型」と地方により微妙に形状が異なります。

・四角玄能

重量バランスがよく、四角玄翁は全国的に広く流通しています。

・八角玄能

八角玄能は側面も使えるため、狭い場所でも効率よく作業ができることが強みです。

・片八角玄能

片八角玄能は、丸玄能と八角玄能を合わせ持った形状で、万能な玄翁です。

他にも片方の打面が細くなった「片口玄能」などがあります。これは細くなった先端を釘に当てて、より深く釘を打ち込むことが可能です。

工具の買取のご相談はこちら!

アクトツールではアナタがお持ちの不要な工具を買取しています!
電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

それでは次に柄の種類をご紹介致します!

玄翁の柄の種類

玄翁 柄

(引用:越後の大工刃物・大工道具

金属部分の頭に対して、木材の握る部分にあたる柄(え)。

職人さんには硬さや粘りなどの柄の素材に対するこだわりがあるようです。

それでは柄の種類を一緒に見ていきましょう!

・本ぐみ柄

玄翁 柄 本ぐみの木

(引用:ZATU

高級玄能柄の定番で、しなりがあり手になじむ木です。

・柞の木柄(いすのき)

(引用:越後の大工刃物販売日記

マンサク科の常緑高木です。
硬くて粘りがあり、密度や重さがあるので木刀や本突ノミの柄の材料などに使われる。
玄翁の柄の材料に向いています。

・牛柄

(引用:ZATU

石屋作業に使用される。
しなりがあり硬く手にひびきにくい材質です。

・桜柄

 

(引用:ZATU

硬木で敷居に使われる高級材。

などが代表的な柄ですが、他にも

・栗の木柄:
水に強く硬い木です。鉄道の枕木や、スプリングハンマーなどに利用される。

・椋木柄(むくのき):
きめが細かくて水に強く、黄色い木。

・楡柄(にれ):
硬木でねばりがあります。

・山桃柄:
木にねばりがあって桜に近い感じです。

・柏柄:
硬木で建築材や家具材などに用いられる他に、ウイスキーやワインの樽材としての利用も出来る。

・水木柄:
花水木の一種で桜に近い素材です。硬くて粘りがあるのが特徴です。

があります。

玄翁 柄 種類

(引用:越後の大工刃物・大工道具

柄になる木の向き不向きはありますが、これ以外にも無数に存在しています。

握る部分である柄は特に大事で、どんなに良い頭を使っていても使いやすさは柄に左右されるとも言われます。

柄を販売している実店舗などで、柄の握り具合などを体感してから購入するようにしましょう!

玄翁の名工をまるっと解説 正行(まさつら)って?

玄翁は大量生産品だけでなく、昔ながらの伝統技術を利用して手作業で制作されるものがあります。
この世界は奥深く、玄能の買取の際はさていというより目利きというような側面が強くなります。

絵画の名画家としてダヴィンチがいるように、玄翁にも名工が存在します。

そこで玄能の名工を厳選して3人ご紹介させていただきます。

馬場正行

玄翁 正行(まさつら)

(引用:大工道具専門店

玄能鍛冶、道心斎正行(どうしんさいまさつら)こと馬場政行さん。
昭和の玄翁界の第一人者長谷川幸三郎氏に弟子。
今では幸三郎氏をもしのぐほどの玄能、釘〆などを作っています。
正行の玄能は穴の正確さや使い良さどれを取っても素晴しい出来であり、職人さんの間で高い評価を得られています。

相豊ハンマー

相豊ハンマー 新潟県三条市の相豊(アイトヨ)ハンマーの相田浩樹氏が作る玄能で、名工長谷川幸三郎が認めた玄能鍛冶。
師匠の教えに忠実に作られた品。
主に浩樹・広輝・藤六の3人から構成される。

・浩樹

玄翁 浩樹

(引用:のぼり刃物店

長谷川幸三郎の指導が随所に伺える丁寧な仕上げと基本に忠実な作りで、ヒツ(穴)の正確さは幸三郎そのもの、上手く柄を仕込めばクサビなしで抜ける事はありません。
黒仕上げで一部鋼付もあります。

・広輝

玄翁 広輝

(引用:のぼり刃物店

浩樹銘の黒仕上げに対し広輝銘はシルバーのヘアライン仕上で浩樹氏が作る品です。
舟手と四角などがあり、ヒツ(柄の通る穴)の仕上や面の取り方など、細部の仕上げは浩樹作と同じのすばらしい出来栄え。

・藤六

玄翁 藤六

(引用:越後の大工刃物・大工道具

相田浩樹氏の弟子の長谷川さんが作る玄能で比較的安価です。
精度はとてもよく出来ており、黒・燻り仕上げがあります。

長谷川幸三郎

玄翁 長谷川幸三郎

(引用:330mate

長谷川幸三郎氏は昭和の時代に玄能を作らせたら右に出る物はいない銘工。
前述した馬場正行(銘:道心斎正行)と相田浩樹(銘:浩樹)の二人の師匠である。
逝去しているために、作品が市場に出回らず、骨董品的価値を秘めている。

過去に人気番組である「開運!なんでも鑑定団」において、

千代鶴是秀の切出小刀と共に長谷川幸三郎の玄能が査定されており、その査定額は¥ 1,200,000にも登りました。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

「玄翁とは? ハンマーとの違いから柄の種類や名工まで徹底解説!」いかがでしたか?

この記事が皆様の最適な玄翁選びの一助となれば幸いです。

工具の買取のご相談はこちら!

アクトツールではアナタがお持ちの不要な工具を買取しています!
電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

工具専門ライター 上重 静雅

工具専門ライター 上重 静雅 プロフィールはこちら

工具コラム記事の監修を行っているパエリアが好きな22歳。
工具の最新情報・豆知識・作業で役立つ記事を更新していきます!
職人さん・DIYユーザー分け隔てなく読みやすい記事を心がけています。

上重 静雅の記事一覧はこちら

関連記事