• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

新ダイワ工業(やまびこ)ってどんなメーカー?気になる情報まとめ

エンジン工具工具メーカー
新ダイワ工業
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

皆さんは「新ダイワ」というブランドを知っていますか?

主に農業や林業、建設業の機械を手がけているメーカーなので、ホームセンターなどで直接目にする機会は少ないかもしれません。

しかし、「新ダイワ」は高い品質を誇るグローバルブランドです。

その歴史は長く、戦後の復興期から21世紀の現在に至るまで、日本の産業を陰に陽に支えてきました。

今回は、この新ダイワ工業株式会社(現:株式会社やまびこ)の歴史や製品の特徴を解説します。少しでも興味を持った方は、ぜひ最後までお読みください。

新ダイワ工業(やまびこ)って何の会社?

新ダイワ工業は、主に小型屋外作業機械を扱ってきたブランドです。

小型屋外作業機械とは、簡単にいえばエンジンを用いた機械で、人が持ち運べるサイズのもの。たとえば以下のような製品を指します。

  • チェーンソー
  • 刈払機(草刈機)
  • ブロワー

また、あわせて工場で用いる一般産業用機械も扱っています。こちらも代表的な製品を挙げてみましょう。

  • 溶接機
  • 発電機
  • エンジンカッター

ちなみに、同ブランドはかつて「新ダイワ工業株式会社」として製造・販売を行っていました。

しかし、この新ダイワ工業株式会社は2009年に吸収合併。現在の「新ダイワ」ブランドは「株式会社やまびこ」傘下で存続しています。

新ダイワ工業(やまびこ)の会社情報は?

ここからは、新ダイワ工業の歴史や会社情報を解説します。

新ダイワ工業株式会社の成り立ち

(画像出典:株式会社やまびこ

新ダイワ工業の起こりは、戦後の復興期にまで遡ります。前身となったのは、1952年に広島で創業された浅本精機製作所です。

当初は映写機やオートバイ部品などを手がける工場でしたが、1955年に国産初となる電動チェーンソーの製造に乗り出します。これが大きな転換点となりました。

1962年、浅本精機は販売会社「新ダイワ工業」を設立し、全国に販路を広げます。

その後は高度経済成長期を通して、チェーンソーや溶接機の製造に注力。日本経済の発展とともに経営を拡大させます。

また、同時に海外展開にも乗り出し、「Shindaiwa」ブランドを世界に広げていくのでした。

経営統合により株式会社やまびこへ

2007年、「新ダイワ工業株式会社」は、同じく産業機械を手がける「共立株式会社」と業務・資本提携を結びます。

両社は持株会社「株式会社やまびこ」を設立し、2008年に経営統合。こうして「新ダイワ」ブランドは、株式会社やまびこへと引き継がれました。

2021年現在、株式会社やまびこは世界に28,000店の販売ネットワークを有しており、90か国以上で製品が使用されています。

また、近年はアジア市場の開拓を狙い、2014年にはベトナム、2017年には中国江蘇省に関連会社を設立しました。

今後はこれらの国々を拠点に、さらなる成長が期待されています。

「共立」ブランドとの違い

現在、株式会社やまびこが手がける事業は3つ。

  • 小型屋外作業機械(チェーンソー、刈払機など)
  • 一般産業用機械(溶接機、カッターなど)
  • 農業用管理機械(薬剤噴霧機など)

このうち、「新ダイワ」(Shindaiwa)ブランドが担うのは、小型屋外作業機械一般産業用機械の2分野です。

なお、同じやまびこ傘下の「共立」(Kioritz)も、やはりチェーンソーなどの小型屋外作業機械を販売しています。

ただし、「新ダイワ」がグローバルブランドであるのに対して、「共立」は国内向けブランド。実際、いくつかの製品はロゴやカラーが異なるだけで、スペック自体は新ダイワと同一です。

1,000億円超の売上高

(画像出典:株式会社やまびこ

株式会社やまびこは、2008年の設立より右肩上がりの成長を続け、2014年には売上高1,000億円を突破しました。2020年の最終売上高は1,319億円超となっています(IR資料より)。

なお、この売上高の約6割は海外市場が占めています。特にアメリカでは、住宅の広い敷地に芝生や庭木を植えることが多く、刈払機には高い需要があります。

売上高1,000億円という数字は、日本よりもはるかに大きいマーケットで、主力事業が成功を収めた結果といえるでしょう。

企業情報(2021年5月現在)
商号 株式会社やまびこ
本社所在地 東京都青梅市末広町1-7-2
設立年月日 2008年12月1日
代表取締役会長 永尾慶昭
代表取締役社長執行役員  久保浩
電話番号  0120-176-181(受付時間9:00~17:00)
公式ホームページ http://www.yamabiko-corp.co.jp/

新ダイワのサイトはこちら

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

新ダイワ工業(やまびこ)の主要商材は?

ここからは、新ダイワ工業の主力製品やサービスを見ていきましょう。

チェーンソー

(画像:E3073DP

新ダイワ工業の歴史は、チェーンソーとともにあるといっても過言ではありません。

戦後期に欧米から輸入されたチェーンソーは、日本人には扱いづらいサイズでした。そこで日本人の体格に合った製品として、小型で軽量の国産チェーンソーが開発されたのです。

その理念は今も変わらず、新ダイワの製品はパワフルな切断能力でありながら、スリムで扱いやすい筐体を特徴しています。

最新モデル「E3073DP」では、国産初となる6流掃気シリンダを導入し、類まれなるハイパワーを実現。また、新開発の防振機構を搭載するなど、安全や健康にも配慮されています。

刈払機(草刈機)

(画像:RA3021

もうひとつの主力製品が刈払機(草刈機)です。1978年に自社製エンジン搭載のモデルを開発して以来、新ダイワ工業は刈払機に注力してきました。

現行の「RA3021」は、軽量化をコンセプトに掲げた草刈機。一般的な2サイクルエンジンの製品が4kg以上ある中、この「RA3021」の重量は3.6kgと、圧倒的な軽さを誇ります。

バンドソー

(画像:RB180FV

新ダイワはエンジンカッターやバンドソーなどの産業機械も得意としており、今後はこの分野においても海外展開が強化される見込みです。

最新バンドソー「RB180FV」は、切断寸法180mmクラスとしては随一の性能を誇るモデル。そのパワーは、200×100mmのH鋼も一気に切断できるほどです。

また、切断荷重の調整に旧来のスプリング方式ではなく、オイルシリンダー方式を採用した点も特徴です。微妙な荷重調整によって切断の精度が上がり、のこ刃の寿命も延ばせます。

溶接機

(画像:HDW310M

ディーゼルエンジン溶接機「HDW310M」は、次世代の「ワンダスティック溶接」を掲げたモデル。母材に溶接棒が触れた途端にアークが発生し、すぐさま溶接を行えます。

アイドルストップ状態からでも瞬時に立ち上がるため、作業効率の向上が図れるでしょう。

さらに従来比で燃料を60%節約する低燃費性能と、わずか55デシベルの低騒音性能を実現。環境に配慮した製品となっています。

発電機

(画像:IEG1800M-Y

新ダイワの発電機には、業務用だけでなく、ホームセンターで購入できるものもあります。

インバータ発電機「IEG1800M-Y」は、扱いやすい機能性と手軽さが魅力。非常用電源からDIY、アウトドアなどマルチな目的で活躍します。

本体は25kgと軽量ながら、発電出力は1,800Wをカバー。複数機器をつなげても支障をきたしません。

さらに、約1分間エンジンの回転数を上げる「ブースト」機能により、コンプレッサーなど起動電力の大きい機器も扱えます。

品質・環境ISO

新ダイワ工業は、自社一貫生産システムの中で、徹底した品質管理を施してきました。

国際的な品質管理の規格としては、ISO9000が広く知られています。新ダイワ工業は、このISO9000を業界の先駆けとして1994年に取得。以降も更新を続けています。

まとめ

今回は作業機械ブランド「新ダイワ工業」(株式会社やまびこ)を紹介しました。

広島の小さな工場から始まり、いまや世界的なブランドにまで成長を遂げた「新ダイワ」(Shindaiwa)。今後も最先端の技術によって、世界の農林業に貢献していくでしょう。

アクトツールでは、工具に関するさまざまな情報を発信しています。少しでも興味を持った方は、他の記事もお読みください。

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事