グリーンレーザー墨出し器とは?レッドレーザーと何が違うのか

工具に関する豆知識
シンワタジマレーザー墨出し器
       

通常レーザー墨出し器といえば、以前は赤色の機種が多かったです。

しかし数年前から「緑色」のグリーンレーザー墨出し機も販売しています

色が違うだけじゃないの…?」と思うかもですが、そんなことありません。

実は色が緑になったことで、より使いやすくなっているのです!

そこで今回は、なぜグリーンレーザーとなったのかをご紹介します。

👇お持ちの工具の値段がすぐにわかる👇

工具買取 LINE査定

レッドレーザー墨出し器にはデメリットが…

レッドレーザーは、明るい日中だとラインが見えないというデメリットがありました

試してみるとわかるのですが、「えーと、あれどこだ…?」と確認することもよくあります。

そこで登場したのがグリーンレーザー。

ラインの色が「緑」だと、屋内外どちらでも見やすいというメリットがあります

なぜグリーンレーザーの方が見やすいの?

なぜグリーンレーザーが見やすいかというと、「波長」が関係しています。

ムズかしいことを省いて説明すると、レッドレーザーの波長は「635〜690nm」、グリーンレーザーは約「530nm」です。
つまりグリーンレーザーの波長の方が、より短いということ。

グリーンレーザーの方は波長が短いため、人間の目で認識しやすいのです。

レッドレーザーの光を強くすることもできない

では、「レッドレーザーの光をもっと強くすればいいだけじゃないの?」と思うかもですが、実はそれができません

通常使用するレーザー墨出し器は「出力:1mw」「クラス:1〜2」と呼ばれるもの。
もしクラス「3〜4」を使う場合、人間に当たる可能性がある場所では使用ができないようなのです

つまり光の出力を強くしすぎると、今度は外で使用できない可能性があります。

これはもう色を変えるしかない!」となり、弱い出力でも人間にとってわかりやすい「グリーン」のレーザー墨出し機が生まれたということです。

アクトツール中古通販 アクトツール中古通販

「グリーンレーザー墨出し機」も最初は苦労した!?

今や「タジマ」「テクノ販売」をはじめ、さまざまなメーカーがレーザー墨出し機を販売しています。

その中で当時は、赤いレーザーをレンズで波長を変え、強制的に緑へ変更するという方式でした。
この方式を使うとラインが太くなってしまい、「見にくいけど、レッドレーザーを使うか…」というが定石。

しかし最近はそのまま「グリーン」を照射する機構が大半です。
そのため、ただただ見やすいレーザー墨出し機へと成長しました

とくにタジマ(Tajima)の墨出し器は開発が進んでおり、「ブルーグリーン」というラインを出す機種もあります。
ちなみに「ZEROB-TYZ」という機種です。

気になった方は下記にAmazonリンクを貼っておくので、チェックしてくださいね。

タジマ(Tajima) レーザー墨出し器 TYZ縦横&地墨 ゼロブルー ZEROB-TYZ

 

ライン色が「ブルーグリーン」でギラつきません。

もちろん360度回転微調整ツマミもついているので、どの向きでも対応可能。

タジマの墨出し器は業界でも評判で、他にも「GEEZA」や「TERA」などのシリーズがあります。

ライン色 ブルーグリーン
製品重量(kg) 1
整準方式 ジンバル方式
電源 単3型アルカリ乾電池4本
付属品 単3形乾電池×4本、専用キャリーケース、ショルダーベルト

他にオススメしたいレーザー墨出し器といえば、「エイリアンシリーズ」です。

山真製鋸(YAMASHIN)グリーンエイリアンレーザー墨出し器 GA-03BB(1垂直・1水平ライン照射タイプ)


ヤマシンの「エイリアン」シリーズも、レーザー墨出し器を語る上では忘れてはいけません。

デザインと設計をシンプルに画一することで、コスパが良い機種。

とはいっても性能は従来から下がっておらず、別売りの受光器を使うことで屋外でも使用可能に。

ライン色 グリーン
製品重量(kg) 2.02
整準方式 ジンバル方式
電源 アルカリ乾電池
付属品 専用アルミケース、レーザーゴーグル、L型板、テスト用単3アルカリ電池

もし大手メーカーマキタ製がよければ、下記もオススメ。

マキタ(Makita) 充電式屋内・屋外兼用墨出し器 SK20GD


もちろん大手電動工具メーカー「マキタ」からも販売しています。

ダイレクトグリーンレーザーを採用しており、明るい現場でも長距離投射が可能に。

ライン色 グリーン
製品重量(kg) 1.4
整準方式 ジンバル方式
電源 単3アルカリ乾電池8本 or リチウムイオンバッテリ
付属品 受光器・バイス・アルミケース

まとめ

レーザー墨出し器も進化を重ね、今はグリーンレーザーが主流になってきました。

ちなみにアクトツールでは「【2022年最新】レーザー墨出し器の選び方&おすすめ機種」という記事もあるので、ぜひあわせてチェックしてくださいね。

「もう少し工具の豆知識を知りたいな」という方は、大工道具でよく聞く「墨壺」とは?がオススメ。

レーザー墨出し器の元祖とも言える「墨壺」について詳しく知ることができますよ(^^)

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

👇お持ちの工具の値段がすぐにわかる👇

工具買取 LINE査定
工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事