コラム
COLUMN

工具箱のあれやこれや

工具に関する豆知識
工具箱
川崎店スタッフ  Kato.M
Kato.M川崎店

こんにちは!川崎店の加藤です。

まだ5月だっていうのにめちゃくちゃ暑いですね・・・
初夏は何処に行ってしまったのか・・・
すでに真夏です。
つい最近では北海道の帯広で約39度もあったそうで^^;
唯一の救いは湿気があまりないことですかね。
これから梅雨に突入してどうなるのかわかりませんが。

今回は俺の工具箱ということで、工具箱について調べてみました!

皆さんは工具箱と言われて、パッと思いつくのはどのような形ですか?
自分は山型と言われているものが思いつきます!

このタイプは勝手なイメージですけど、どこの家庭にも1つはあるんじゃないか?
って思ってます。

山型工具箱には片開き・両開きの2タイプがあります。
両開きはサイズが大きい物が多いと思います!
実際に当店に買取りで入ってくるものは大きい物が大半です。

他には、トランク型があります。
こちらも種類があり、良く見る物で言えば2段式の物かと!
他には3段式、片開きの上もしくは横に持ち手が付いている物があります。

あとはキャビネット型と呼ばれている物になります。
下がスライド式になっており、上部にも物が入れれるようになっています。
こちらは車、バイクをいじるのが好きな人とか整備士さんが持っているイメージです。

ちなみに写真は自分が初めて買った工具箱で、アストロプロダクツさんの物になります。
小さめで、置き場に困らないし、色が気に入ったので購入しました。

後は、布製の物(バック)やプラスチック製の物があります。
番外編として木製ですかね^^
これらが大体の種類かな・・・

それぞれの良い所・ここがなーって所を自分なりの考えでまとめてみます!

・山型片開き

良・・・持ち運びが容易、使いこむと良い感じになる(笑)
ここ・・物がごっちゃになる、取り出す時にガサゴソしないといけない

・山型両開き

良・・・大きい物が入る、量が入る
ここ・・調子に乗って色々入れると重くて持ち運ぶのが面倒くさくなる。

・トランク型片開き

良・・・サイズが色々とある。小さいサイズは小物入れとしても使える。
ここ・・量はそこまで入らない

・トランク型両開き(2・3段)

良・・・中皿に仕切り板がついていて、パーツや細かい物を区分けして収納できる
ここ・・下段がごっちゃになる。歪むと上手く閉まらなくなる。

・キャビネット型

良・・・整理整頓しやすい、ある程度種類ごとに入れられる、物を取り出しやすい
なんとなく出来る人のように見える気がする
ここ・・上部を開けないと引き出しのロックが解除されないのが面倒くさい
引き出しにロックがかからないように上部を閉めていて、それを忘れて持ち運ぼ うとしたときに引き出しが飛び出て焦る

・バックタイプ

良・・・ポケットが多く、収納しやすい。良く使う物はスッととれる。肩掛けできる。
ここ・・持ち手が真ん中にあり、動かない物だとかなり邪魔。布製だから破ける

・プラスチック製

良・・・軽い
ここ・・安物だと本当にすぐ壊れる。

・木製

良・・・職人っぽさがでる。自作が簡単に出来る。
ここ・・倉庫や納屋に放置しておくと大抵ねずみの糞が入ってる(笑)水分に弱い

 

大体こんな感じなのかなと思ってます!!
あくまでも自分の考えなので、「そんなことないよ」と思う方もいると思います!
そこは人それぞれって事で^^

見た目がカッコイイのがいい!工具箱なんてとりあえず工具が入ればいい!わかりやすく入れておきたい!
使いやすさ重視!そもそも工具箱としてではなく救急箱として使う!

等など、色々な考え方や使い方があっていいと思います!
俺はこんな風に使ってるよ!とかあったら教えてほしいものです。

また、家にもう使ってない工具箱があると言う方!
買取りやってますんで是非持ってきて下さい!
お待ちしております―!!!

川崎店スタッフ  Kato.M

川崎店スタッフ  Kato.M プロフィールはこちら

こんにちは。アクトツール川崎店の加藤です。スタッフの方たちとは、楽しく雑談しながら仕事をしています!まだまだ工具の知識量が少ないので上司やお客様から教えてもらいながら奮闘しております。今は、ショーケース内を華やかに見せるために、自分の好きなキャラクターのフィギュアなどをこそこそと配置したりしてますwこれからまだまだ増やしていく予定です(^-^)

Kato.Mの記事一覧はこちら

関連記事