コラム
COLUMN

【プロ徹底解説】エアコン取付には何の工具が必要?

工具に関する豆知識おすすめ工具DIY
工具エアコン取り付け
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

いよいよ夏本番。あまりの暑さにエアコンを買い替える方も多いのではないでしょうか。

エアコンの取り付けは業者に依頼するケースがほとんどですが、実は自分で行うことも可能です。
多少の技術は必要となるものの、工具さえ揃えれば誰でもチャレンジできますよ。

そこで今回は、エアコンの取り付けに必要な工具と材料をまとめました。

「エアコンを自分で取り付けたい」
「エアコン取り付け工具を知りたい」

と考えている方は、ぜひ記事をお読みください。

※製品の保証対象外となるケースもあるため、取り付けは自己責任で行ってください。

エアコン取り付けに必要な工具は?

以下に必要な工具と材料をまとめましたので、購入の際に役立ててください。

エアコン取付工具一覧

エアコンの取り付けには、少し専門的なツールが必要となります。
できるだけコストを抑えたい方は、レンタルや中古品を上手く活用してみましょう。

フレアツール

イチネンTASCO クイックハンドル式フレアツール

参考価格:13,752円(税込)

フレアツールは、配管の端をラッパ状に広げる(フレア加工といいます)ための工具です。
エアコンの取り付け作業においては、室内機と室外機を配管パイプでつなぐ作業で使われます。

配管パイプを切断すると、内側に銅管が通っているのが見えるはずです。
フレアツールに取り付けてハンドルを回せばOK。フレア加工が施されます。

このとき、正確に加工できていないと接続部分からガス漏れを起こす可能性があります。
エアコン取り付けの要といえる作業なので、よく確認しながら進めてください。

トルクレンチ

BBK ラチェットトルクレンチ

参考価格:6,224円(税込)

トルクレンチは、決められたトルク(強さ)で締め付けを行うための工具です。
エアコンの取り付け作業では、主に配管パイプをつなぐときに用いられます。

「DIYなのだから適当でいいのでは?」と思うかもしれませんが、初心者こそトルクレンチに頼るべきです。
エアコンに使われている銅管は柔らかいため、過度のトルクで締め付けるとすぐに破損してしまいます。もちろん、トルクが弱すぎるとガス漏れ必至です。

配管の施工では、トルク管理を必ず行うようにしてください。

真空ポンプ

アサダ 充電式真空ポンプ

参考価格:26,397円(税込)

真空ポンプは、文字通り真空を作り出すためのツールです。
この真空ポンプを使って配管内の空気を抜くことを、「真空引き(エアパージ)」といいます。

エアコンの配管内に水分やゴミが残っていると、フロンガスを注入したときに凍結を起こし、動作不良となる恐れがあります。
不純物を取り除くために、必ず真空引きを行ってください。

真空ポンプの使い方自体はそれほど難しくありません。
室外機につないで電源を入れると、数十分で真空引きが完了します。
後述する「マニホールド」で空気圧がゼロになっていることを確認してください。

マニホールド

Hilitand マニホールドゲージ

参考価格:2,719円(税込)

真空ポンプと一緒に用いられるのがマニホールドです。
配管内の空気圧を測定するためのツールで、真空引きの確認に用いられるほか、冷媒ガスを注入するときにも使用します。

マニホールドはいくつかの種類があり、それぞれ規格が異なります。
ご使用のエアコンに適合するかどうか、事前にチェックしてから揃えるようにしてください。

銅管カッター

イチネンTASCO スマートチューブカッター

3,058円(税込)

配管の切断に用いる工具です。扱い方は難しくありませんが、切断面がまっすぐでないとガス漏れの原因となります。
できるだけ切れ味の鋭いカッターを使うようにしましょう。

銅管カッターで切断した後は、次に説明する「リーマー」で切断口を整形します。

リーマー

イチネンTASCO クランクリーマー

参考価格:3,051 円(税込)

配管の切断面にあるバリを取り、きれいに整形するための道具です。
家庭用エアコンには、主に2分(外径6.35mm)や3分(外径9.52mm)の配管が使用されています。

リーマーも適合するサイズのものを選んでください。

ガス漏れ検知スプレー

イチネンTASCO ガスもれ検知液


参考価格:1,199円(税込)

配管からガス漏れがないかを確認するために使います。
より正確にガスを測定できる「ガス漏れ検知器」もありますが、DIYであればスプレータイプで十分です。

使い方は簡単で、配管のつなぎ目にスプレーを噴射するだけ。ガスが漏れている場合、白い泡がブクブクと出ます。

エアコン取付工具セット

ESKルームエアコン取付専用キット

参考価格:87,890円

セット内容 真空ポンプ、ホース、チューブカッター、フレアツール、リーマ、トルクレンチセット、コントロールバルブ、ガス漏れ検知剤、エアコンパル

取付工具がセットになった商品も販売されています。
ひとつひとつを揃えるよりも、セット商品を買った方がお得です。これだけあれば、たいていの家庭用エアコンは取り付けられます。

とりあえず必要な工具をすべて揃えたい方や、エアコンの取り付けを頻繁に行う方におすすめです。

エアコン取付に必要な材料一覧

ここからは材料編を解説していきます。
電材や配管はAmazonなどでも販売していますが、長さが余ってしまうかもしれません。
ホームセンターで切り売りをしてもらえるので、必要な分だけ用意するといいでしょう。

プラブロック

因幡電工 プラロック


参考価格:463円(税込)

室外機の下に置く樹脂製のブロックです。
家庭用エアコンであれば、簡易的なもので構いません。雪国に住んでいる人は架台を高くするなど、使用環境に応じた工夫をしてみましょう

ポイントとして、プラブロックと一緒に防振ゴムを敷いておくと、室外機の騒音がかなり低減できます。

ペアコイル

因幡電工 ペアコイル


参考価格:11,900円(税込)

ペアコイルとは、室内機と室外機をつなぐ配管(冷媒配管)のことです。
この中を冷媒ガスが通ることにより、エアコンは冷暖房を行います。

ペアコイルを見ると、大小2つの銅管が通っていることに気が付くはずです。
それぞれの銅管は、それぞれ以下のように役割が異なります。

ペアコイルの役割(冷房の場合)
太い銅管 室内⇒屋外に気化した冷媒(ガス)を運ぶ
細い銅管 室外⇒室内に液化した冷媒を運ぶ

このように、太い銅管は気体を、細い銅管は液体を通すという仕組みです。
冷媒は室外機と室内機のあいだを循環し、その中で気化と液化を絶えず繰り返しています。

ドレンホース

因幡電工 ドレンホース

参考価格:1,093円(税込)

エアコンには、ペアコイルの他に「ドレンホース」と呼ばれる配管もつなぎます。
ドレンホースとは、室内機の内部に結露した水分を屋外に排出するための管です。

エアコンのよくあるトラブルのひとつに、このドレンホースの詰まりがあります。
ホースの先端は屋外にさらされているため、虫やホコリが侵入してしまうのです。
簡単な対策として、ドレンホースの先端にキャップやネットを被せたり、先端を地面に付けないようしたりする工夫が考えられます。

VVFケーブル

愛知電線 VVFケーブル

参考価格:3,141円(税込)

室外機へ電源を供給するためのケーブルです(これを「渡り配線」といいます)。
いくつか太さの異なる規格がありますが、現在のエアコンはほとんど2mm径のものが使用されています。
上記の参考商品は長さ10mのものですが、DIYで使うのであればホームセンターなどで切り売りしてもらってください。

なお、通常はVVFケーブルと一緒にアースも接続します。
既存の端子に接続するだけなら問題ありませんが、接地工事でアースを埋めるためには電気工事士の資格が必要です。
感電や漏電の危険があるため、資格なしでの工事は絶対におやめください。

パテ

セメダイン すきまパテ


参考価格:443円(税込)

配管を通した後、穴の隙間をふさぐために使用します。
隙間が空いていると雨や虫などが侵入するので、忘れずにパテで埋めてください。

配管テープ

因幡電工 粘着テープ

参考価格:405円(税込)

エアコンの配管に巻きつけるテープです。
屋外の配管は紫外線や雨の影響を受けるため、すぐに劣化が進んでしまいます。
長く使用するのであれば、テープを巻いて保護してください。

なお、テープのほかに化粧カバーも販売されています。見栄えをよくしたい方は購入を検討してみるといいでしょう。

エアコン取付に必要な費用は?

ここまで色々な取付工具・材料を見てきましたが、結局のところ総額費用はいくらになるのでしょうか。
レンタル品の利用も含めてシミュレーションしてみます。

自分で取り付ける場合 取付工具:60,000円(レンタルなら3,000円)
電材:5,000円
合計:65,000円(レンタルなら8,000円)
業者に依頼した場合 10,000~20,000円

このように、エアコンを取り付けた場合の費用は60,000~70,000円になります。
ただし、真空ポンプなどをレンタルすれば、およそ10,000円弱にまで費用を抑えられる可能性が大です。

業者に依頼した場合の費用は10,000~20,000円なので、そこまでDIYとの費用に違いはありません。
ドライバーやビスなど細かいものも揃えるとなれば、業者に頼んだ方が安くなることも考えられます。

とはいえ、一から自分で行うのがDIYの醍醐味です。興味を持たれた方は、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回はエアコンの取り付け工具をまとめました。

取り付け工具の多くは、普段のDIYではあまり見かけることがないものです。
できるだけ費用を抑えたい方は、工具レンタルや中古品を上手に活用しましょう。

工具を安く買いたい方は、ぜひ「アクトツール」をご利用ください。
中古工具専門店のアクトツールなら、高品質の商品を多数取り扱っています。まずはオンラインショップをご確認ください。

オンラインショップで商品を見る

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事