• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

【MAX】ピンネイラー完全ガイド!選び方からピンネイルまで

工具に関する豆知識電動工具工具メーカー
MAXピンネイラー
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

max ピンネイラー

根強い人気を誇る工具メーカーといえば、赤色の工具で有名なMAX(マックス)ですよね。

特にエアツール関連には定評のあるメーカーになりますので、内装工事をメインでされている職人さんなどは、MAXのピンネイラーを利用している方も多いのではないでしょうか。

そんなMAXのピンネイラーもさまざまな種類が発売されていますので、どれにしようか悩んでしまうこともあると思います。

そこで今回は、MAXのピンネイラーに焦点を当てつつ、

  • 種類や選び方
  • おすすめの機種

などを詳しく解説していきたいと思います。

またピンネイラーの仕様では欠かせない部品でもある、ピンネイルも合わせて紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

MAXのピンネイラーの選び方や種類は?

MAXのピンネイラーは種類も多いので、作業環境などに合わせて工具も選んでいく必要があります。

そこでここからは、具体的なピンネイラーの種類から選び方までを解説していきますので、購入する際の参考にしてみてくださいね。

取り回しが楽な充電式

取り回しが楽な充電式

ピンネイラーといえば通常はエアツールになりますが、MAXからは充電タイプのピンネイラーも発売されています。

充電式のタイプになりますので、

  • コンプレッサーがいらない
  • ホースもいらないから取り回しが楽
  • 音も静か

というようなメリットがあります。

新築などの工事現場であれば、音を気にせず使えるケースも多いです。

リフォーム工事などで音に配慮しなければならないケースでは、充電タイプは非常に活躍するのでおすすめです。

ただし注意しなければならない点は、使用できるピンネルの長さは最大で35mmまでということは覚えておくようにしましょう。

50mmもしっかり打ち込むエアタイプ

50mmもしっかり打ち込むエアタイプ

充電式のピンネイラーの場合、取り回しも非常に楽で音も静かというのがメリットにはなりますが、どうしてもエアツールに比べると打ち込みパワーは劣ってしまいます。

そのためボード2枚張りなどで50mmの長いピンネイルを使用したい場合は、エアツールタイプのピンネイラーを使用するようにしましょう。

また、連続作業などをしたいケースも、エアツールタイプであればキレイな打ち込みを連続して行うことができるのでおすすめです。

エア式は高圧と常圧も確認!

エア式は高圧と常圧も確認!

すでに利用されている職人さんであれば理解している部分だと思いますが、エアツールには高圧と常圧の2つのタイプが存在します。

基本的に内装などで多く使われているタイプのコンプレッサーは、高圧タイプが多いとは思いますが、購入する前にはきちんと確認するようにしてください。

MAXのピンネイラーも高圧タイプと常圧タイプの2通りが用意されていますので、利用環境に応じたタイプを選択するようにしましょう。

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

【MAX】ピンネイラーのオススメ機種は?

プロの作業現場でも非常に愛用されているMAXのピンネイラーですが、ここからはおすすめの機種をピックアップして紹介します。

取り回しも簡単な充電式から、パワーもあるエアツール系の常圧タイプ・高圧タイプと種類別に解説しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【充電式】TJ-35P4-BC

【充電式】TJ-35P4-BC

MAXの充電式ピンネイラーが「TJ-35P4-BC」になります。

反動吸収機構のPATが組み込まれているため、打ち込み時の反動によって起きてしまうブレや釘浮きなども軽減されます。

そのため、巾木(はばき)や廻り縁(まわりぶち)などの部品自体の損傷も少なく、非常にキレイな仕上がりで打ち込むことができます。

横向きや縦向きなども問題なく打ち込めるほか、暗所でも見やすいLEDライト付きとなっていますので、サブツールのひとつとしてもおすすめです。

型番 TJ-35P4-BC
新品価格 ¥49,000

アクトツールで詳細を確認する

【高圧ピンネイラ】HA-50P3S

【高圧ピンネイラ】HA-50P3S

MAXから発売されている「HA-50P3S」は、打ち込みパワーもある高圧タイプのピンネイラーです。

先端には空気の射出口もついていて、エアダスタとしても利用できるので、施工する際の壁際などに溜まったチリなどもキレイにできます。

また50mmまで打ち込みをすることができますので、厚めの廻り縁なども難なく取り付けすることが可能です。

型番 HA-50P3S
新品価格 ¥70,831

アクトツールで詳細を確認する

【高圧ピンネイラ】HA-50P4

【高圧ピンネイラ】HA-50P4

MAXの「HA-50P4」は、フリープラグ仕様の高圧ピンネイラーです。

コンパクトな設計となっているため、縦向き・横向きでの打ち込みはもちろんのこと、隅打ちなども難なくこなすことができます。

先端にはエアダスタ機構となっていて作業をする前の掃除にも使えるほか、片手で風量を調節できる設計となっていますので、利用環境に合わせて風量を調整できます。

型番 HA-50P4
新品価格 ¥47,300

アクトツールで詳細を確認する

【常圧ピンネイラ】TA-235A

【常圧ピンネイラ】TA-235A

MAXの「TA-235A」は常圧タイプのピンネイラーになります。

ネイル足の長さは最大で35mmまでのものが打ち込み可能となっており、空打防止機構も付いています。

またダブルトリガとなっているので、誤発射などの心配もありません。

ピンネイルの残量が見やすい確認窓も空いているので、わざわざトリガーを取り出して確認する必要もないタイプとなります。

型番 TA-235A
新品価格 ¥31,691

アクトツールで詳細を確認する

【常圧ピンネイラ】TA-250P3

【常圧ピンネイラ】TA-250P3

MAXの「TA-250P3」は常圧タイプのピンネイラーです。

常圧タイプではありますが、ネイル足の長さは最大で50mmとパワーのある打ち込みが可能なため、石膏ボードの2枚張りでも問題なく作業することができます。

平打用のコンタクトトップを取り付けることで、やわらかい素材などの打ち込みにも跡が付きづらいため、キレイな仕上がりとなります。

隅打ちはもちろんのこと、縦・横打ちもしっかり打ち込むことができます。

型番 TA-250P3
新品価格 ¥43,482

アクトツールで詳細を確認する

MAX製のピンネイラーの部品はなにがある?

MAXのピンネイラーで使用するピンネイルは、長さや色など多数の種類が販売されています。

そのため打ち込みをする深さや仕上材の色などに合わせて、ピンネイルの種類を選択するようにしましょう。

ここでは代表的なピンネイルの種類について紹介しますので、購入する際の参考にしてみてください。

商品名 サイズ 本数 価格
P12FC 直径0.6mm
×
足長12mm
5000 ¥1,110-
P15FC 直径0.6mm
×
足長15mm
5000 ¥1,110-
P17FC 直径0.6mm
×
足長17mm
5000 ¥1,433-
P20FC 直径0.6mm
×
足長20mm
5000 ¥1,433-
P25F3シロ 直径0.6mm
×
足長25mm
3000 ¥888-
P30F3 チャ 直径0.6mm
×
足長30mm
3000 ¥988-
P35F3シロ 直径0.6mm
×
足長35mm
3000 ¥1,150-
P45F3ライトベージュ 直径0.6mm
×
足長45mm
3000 ¥998-
P50F3チャ 直径0.6mm
×
足長50mm
3000 ¥1,694-

まとめ

MAXのピンネイラーは、充電タイプ・エアツールともに仕上がりもキレイに打ち込めます。

そのため作業量もそこまで多くなく、仕上げ材も打ち込み長さも短いのであれば充電タイプにするなど、作業する環境や用途に合わせて種類を選んでいくのをおすすめします。

ピンネイルについても今回紹介した以外にもあるため、必要な色や長さなどを事前に確認してから購入するようにしましょう。

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事