ペンチを買取してもらうなら?高価買取ポイントお伝えします!

工具買取の情報ハンドツール
中古工具ペンチ買取
工具のプロ  サルトくん
サルトくん
 

ペンチは、硬い針金を曲げたり切ったりすることができる工具です。

刃の先端が鳥のくちばしのようになっている細長い種類のペンチもあり、挟んだり引っ張ったりすることが可能です。

細かい作業で重宝されるため、「配線作業」やビーズクラフトなどでも活躍しています。

そんな用途の幅広いペンチですが、長年使用していれば摩耗してくるはずです。

ユーザー
もういらなくなった…
無くしたと思って買ったら古いのが出てきた…

という方も多いのではないでしょうか。

もしお手元に不要なペンチがあれば、ぜひ工具買取専門店へ買取をしてもらうのがオススメです!

そこで本記事では、ペンチの基礎知識から高く買取してもらうポイントをお伝えします(^^)♪

ぜひ参考にしてみてください!

👇お持ちの工具の値段がすぐにわかる!👇

工具買取 LINE査定

ペンチとは?

ペンチは刃の先端のギザギザ部分で物をつかむことができ、その後ろのつけ根部分に切断できる刃物がついている構造になっています。

似た形のニッパーやプライヤーがありますが、用途が異なってきます。

ペンチには種類がたくさんあり、

  • 電工ペンチ
  • 圧着ペンチ
  • 丸ペンチ・ラジオペンチ

などがあります。

サイズの種類も豊富で、

  • 125mm
  • 150mm
  • 175mm
  • 200mm
  • 225mm
  • 250mm

などの大きさが販売されています。

ペンチの高価買取ポイントは?

ペンチを高く買取してもらうには、下記の3つがポイントとなります。

-メーカー
-機能
-商品状態

それぞれ次章から紹介していきます。

メーカー

ペンチを高く買取してもらうポイントの一つ目が「メーカー」です。

シンプルなことですが、知名度が高かったり実績が豊富なメーカーのペンチであれば、その分買取価格も比例して高くなるケースが多いです。

やはり知っているメーカーのペンチであれば、買い手もつきやすくなるため、高値での買取が期待できます。

なおペンチメーカーとして人気なのは、

-フジ矢
-エンジニア
-室本鉄工

などが代表的です。

もともとの販売価格にもよりますが、このようなメーカーのペンチは高価買取になることが多いです。

機能

次に大事なのが「機能」です。

「ペンチ」と一言で言っても、たくさんの種類があります。

重量が60gもないようなミニペンチや、使い勝手が良いもの、中には潰れたネジを取り外せるような機能を持ったプロ用ペンチも

このようにペンチの機能はピンからキリまであり、機能性の高いペンチは販売価格も高くなります。

結果的に買取価格も比例して高くなる傾向にあるため、お持ちのペンチの機能性を確認してみましょう。

商品状態

工具買取店 商品状態

次に「商品状態」です。

上記はあくまで参考画像ですが、ペンチにたくさんの傷・汚れなどが付いていると買取価格が下がる傾向にあります。

とてもシンプルなことですが、キレイな状態のペンチ」と「キズなどがありボロボロなペンチであれば、前者のペンチの方が高く売れるはずです。

具体的にアクトツールが商品状態の良し悪しを査定する箇所は、

-外観(傷汚れ)
-動作(動作可否・パワー強弱・修理難易度)
-破損

です。

なおアクトツールでは商品状態について下記のようにランク付けしています。

S 未使用品・展示品
A ダメージや使用感がほぼない商品
B 使用感がある商品
C 使用感大・ダメージあり
D 現状動作品・ダメージ大

表のように、状態の良し悪しでランクがかなり分かれてしまいます。

例えば、SとDだと6倍くらいの差がついてしまうことがあるんです!

外観部分にキズや汚れがあると査定額が落ちやすいです。キズや汚れというのは「土」や「ホコリ」などの他に、上記画像のように名前の記入もあります。

ペンチに名前を書くことはあまりないと思いますが…。

こうしたものは外装が剥がれない程度に落としてから買取店へ持ち込むことをオススメします。

現場で仕事をする方だとペンチをキズ一つない状態にするのはむずかしいと思います…。

ただできる限りていねいに扱うことで、売るときに高価買取を期待できるのも事実です。

また、しっかりと動作するか否かでも買取価格に影響します。

一つ注意なのが修理です。

長年ペンチを使っていると、不具合が発生しているケースも多いかと思います。

ただ、ムリに直すともっと商品状態が悪くなることもあります

壊れている工具も買い取りできる可能性は十分にあるので、あまり無理をせず持っていく方が良いでしょう。

アクトツール中古通販 アクトツール中古通販

ペンチの買取ならアクトツール!

アクトツールは1975年に創立され、中古工具の買取・販売を行っています。

職人さんからの口コミで成長した背景があり、プロからの信頼も厚い一方、今ではDIYユーザーの方からも多くの支持を得ています。

アクトツールがここまで成長した要因の一つとして「口コミ」もありますが、その他にも「高価買取」と「アフターサービス保証」も大きな理由です

なぜならアクトツールでは自社内で工具のメンテナンスができる体制が整っており、買い取った工具の修理を外部へ委託する必要がありません。

つまり工具の修理は自社内で完結できるため、余計な経費がかからず、その分を買取価格に上乗せすることが可能です。

結果的に高価買取を実現できており、買取希望のお客様から高い満足度を得ています。

さらにアクトツールで購入した工具が壊れてしまった場合、店頭へお持ちいただくことで無料修理対応を行っています。

また、定期的なメンテナンスも無料となり、売りっぱなしにしない営業スタイルです。

なお買取方法については「店頭」の他に「出張・宅配」買取に対応しており、近くにアクトツールがない方でも工具を売ることができます。

さらにもう一つの便利なサービスが「LINE査定」サービスです。

LINE査定サービスはスマホで売りたい工具の写真を撮影し、LINEでアクトツールに送信するだけ!

するとアクトツールから査定金額が送られてくるため、店舗に持ち込む必要なく査定金額を知ることができる便利なサービスです

ご興味がある方は、下記のボタンからチェックしてくださいね。

LINE査定 LINE査定

電話番号 0120-907-134
取扱商材 電動工具・エア工具・エンジン工具・ハンドツールなど多数
買取方法 店頭・出張・宅配
出店地域 全国17店舗
査定時間の目安 最短3分

アクトツール:LINE査定の流れ

①「アクトツールで工具を売る!」内にあるQRコードをスマホかパソコンで読み込む

②アクトツールと友達登録をする

③メニュー画面で「ライン査定をする」をタップ

④「写真を撮る」へ進み、売りたい工具の写真を撮影

⑤工具の写真と商品の型番を送付

上記まで行うと、アクトツールから査定金額のメッセージが送られてくる流れとなります。

また、工具の写真を撮影するときはできる限り明るい場所で、全体がわかるようにさまざまな角度から撮影するとより正確な査定金額が提示されます。

まとめ

いかがでしたか?

ペンチを高く買い取りしてもらうためには、

-メーカー
-機能
-商品状態

上記の3つがポイントとなります。

市場からも人気がある「メーカー」であり、「機能」性があって、傷や汚れが少ない「商品状態」のペンチであれば、高く買取してもらえる可能性は高いです。

ぜひ今回紹介したバールの高価買取ポイントを参考にしつつ、あなたのペンチを高く買取してもらいましょう!

なお、アクトツールではペンチをはじめ建築・土木現場で使用される工具全般の買取を行なっています!

ぜひ不要なペンチ等の工具がある方は、アクトツールで一度査定を行ってみませんか?

査定は店頭ではもちろんLINE査定を利用すれば、家に居ながらでも査定価格を確認できます。

LINE査定の手順はカンタンです!

スマホで工具の写真をとって、アクトツールのLINEに写真を送っていただくだけです。

以下のボタンから簡単にご利用いただけますので、ぜひお気軽にお試しください!

LINE査定 LINE査定

アクトツールの「コラム」では個別の工具の買取ポイントに加えて、オススメの買取店についても紹介しています。

ご興味がある方は、ぜひ下記から他の記事もチェックしてください(^ ^)

アクトツールで他のコラム記事を読む!

また、アクトツールでは工具買取の他に、販売も行なっています!

電動工具をはじめ工具は新品で購入すると、数万円かかってくるのも一般的ですよね。

そのため…

新しく工具を買い替えたいけど、予算がない
とりあえず今の機種を使い続けるしかない

と悩む方もいるかと思います。

そのような場合は、ぜひアクトツールのオンラインショップをチェックしてみてください(^^)

アクトツールではお手頃な値段で大工道具・手工具をはじめ、インパクトドライバーなどの電動工具を販売しています。

あなたが欲しかった工具がみつかるかもしれません!

ご興味がある方は、下記のボタンからご覧くださいませ。

アクトツールで工具を買う!

👇お持ちの工具の値段がすぐにわかる!👇

工具買取 LINE査定
工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事