コラム
COLUMN

【徹底解説】ペンチとニッパーの違いとは?用途・種類・メーカー紹介

おすすめ工具ハンドツールDIY
ペンチニッパー
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

ペンチ ニッパー 違い

ペンチニッパーは見た目がとてもよく似ていますよね。

みなさんはそれぞれの違いと、正しい使い分けの方法をご存知でしょうか?

今回は、そんな混同しがちなペンチとニッパーの違いをわかりやすく説明していきます。

さらにはペンチとニッパーに似ている、プライヤーという工具にも触れていきます。

それぞれあまり詳しくない方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

 

ペンチとニッパーの違いは?

 

 

ペンチとニッパーは見た目はよく似ていますが、利用の仕方が違います。

ペンチは、線材をつかんで曲げたり、切ったりする際に使用する工具です。

どのご家庭にもある、もっとも一般的な工具のひとつです。

一方ニッパーは、銅線や鉄線などの線をカットするための工具です。

ペンチでも平らな刃の部分で切断はできますが、ニッパーは切断専用の工具なので、ペンチに比べて切り口がすべて平らになっています。

金属でも切断できるように、鋭い刃がついているのがニッパーです。

 

さらに似た工具に、プライヤーというものがあります。

 

プライヤー

プライヤーとは、ものをつかんだり、挟んだりするための工具です。

つかむ・挟む以外にも、ものを挟んだままひねったり、切断することもできます。

ペンチと似ているようですが、ペンチは先端が細く細かい作業に向いているのに対して、プライヤーは大きいものを扱うのに向いています

プライヤーは、ジョイント部分をスライドさせて開き幅を大きく出来る構造になっており、それによって扱うものに合わせて開く幅を変えることができます。

 

以下の章では、ペンチとニッパーの違いをさらに詳しく見ていきましょう。

 

ペンチとは?

ペンチとは、線材をつかんで曲げたり、切断したりするための工具です。

プライヤーと違って細かい作業に向いているタイプも多く、先が細くなっているラジオペンチも一般的です。

 

使い方

 

ペンチを使うときには、一方の柄に親指をかけて、人差し指と中指を柄の内側にかけて、薬指と小指は柄の間に入れるようにします。

親指・人差し指・中指の3本で柄を握り、薬指と小指は添えて柄を支えるようなイメージです。

こうすれば開閉が片手で自由にできるので、作業が楽にできます。

なるべく柄の先を持ったほうが強い力が出ます

ペンチの種類

圧着ペンチ

圧着ペンチは、電気工事や電子工作、車の電装系の整備などに欠かせないペンチです。

電工ペンチなどと呼ばれることもあります。

ペンチの機能の他に、仮結線できる圧着機能がついていて、電線に端子を圧着したり電線の被膜剥きなどをすることができます。

 

丸ペンチ・ラジオペンチ

 

ラジオペンチは、先端が細長くなっているタイプのペンチです。

電子機器の修理や組み立てなど、小さな部品をつかむのに適しています

さまざまなサイズがあるので、使用目的に合わせて細かく選ぶことができます。

 

主なメーカー

クニペックス(KNIPEX)

クニペックスは、1882年にドイツで設立された歴史のある工具メーカーです。

プライヤーを専門に扱っており、ペンチ・ニッパー・プライヤーや関連の商品を多数取り扱っています。

クニペックスの商品には美しいデザインと優れた耐久性、改良を重ねたことによって成し得た使い勝手の良さがあります。

 

ビクター(VICTOR)

ビクター株式会社は1951年創立の作業工具メーカーです。

ビクターはフジ矢株式会社のグループ会社です。

ペンチやニッパ―、​プライヤーなどの「握りもの」と言われる工具を中心に扱い、プロの電気工事職人の現場を支えてきたブランドであり、質の高い工具に定評があります。

 

オススメの商品

クニペックス ペンチ 180mm 301180

販売価格:2,371円(税込)

クニペックスのペンチ全長180㎜タイプです。

平材および丸材のグリップゾーンがあり、様々な用途に使えて便利です。

ソフトおよびハードワイヤー用の切刃付です。

入念な焼き入れ処理が施されたカッター部の硬度は、約HRC60です。

シリーズ展開しており、仕様が140㎜~250㎜まで5種類あります。

 

ビクター ペンチ 175mm 265AP175

 

販売価格:3,084円(税込)

ビクターの全長175mmのペンチです。

電気工事や金工作業、機械部品の組立などに向いている強力なペンチです。

圧着機能付きで、 1.25~3.5mmを簡易圧着できます。

シリーズ展開しており、仕様が175㎜と180㎜の2種類あります。

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

ニッパーとは?

ニッパーとは、銅線や鉄線などを切断する際に利用する工具です。

電気機械や通信機器などの配線や、配線修理などを行う際には欠かせません。

材料に打ち込んだクギの頭の部分をニッパーで切り取って、隠し釘にするという利用の仕方もあります

金属の切断も容易にできる鋭い刃が特徴なので、使用する際は思わぬケガをしないよう注意が必要です。

 

使い方

 

ニッパーの使い方はハサミの使い方と似ています

切りたい線材を最初は軽く刃先ではさんで、切りたい位置に刃がしっかりと食い込んでいることを確認したら、手に力を込めて一気に切断します。

硬い線材を切る場合には、ニッパーまたは線材を少し回転させて別方向からはさんで切るようにすると切断しやすくなります。

刃先で線材をつかんだまま無理にニッパーを動かして圧力を加えると、刃こぼれの原因になるので気を付けましょう。

ニッパーの種類

皮むきニッパー

皮むきニッパーは、刃の部分にサイズの違う穴がいくつか開いているニッパーです。

銅線などの被覆材を切り取る際に、中の線の部分を傷つけずに被覆材だけを取り去るのに便利です。

 

ワイヤ切り・ピアノ線用ニッパー

 

ワイヤ切りニッパーは、金網や鉄線などの、頑丈な線材を切断するためのニッパーです。

ピアノ線用ニッパーは、ピアノ線のような硬い鋼線を切断するためのニッパーです。

 

主なメーカー

クニペックス(KNIPEX)

上記でも説明したクニペックスはニッパーも多く取り扱っています。

 

ホーザン(HOZAN)

 

ホーザンは、1946年に大阪で創業された工具メーカーです。

自動車整備機器や、高性能なニッパーやプライヤー、ピンセットなど細かい工具や精密機器の製造・販売を得意としています。

上質な作業環境を与えることをモットーに、日々進歩するテクノロジーを活用し新たなサービスを生み出しています。

 

オススメの商品

クニペックス 強力型ニッパー 7402-180 180mm

販売価格:4,538円(税込)

クニペックスの強力型ニッパー全長180mmタイプです。

ジョイント部は鍛造軸カシメを採用しており、耐久性に優れています。

最適な刃の位置と角度・てこの原理を最大限発揮するためのデザインが施されており、少ない力で高い切断能力を発揮します。

ピアノ線であれば2.2mm、硬線であれば2.7mmφを切断できます。

シリーズ展開しており、仕様が140㎜~250㎜まで5種類あります。

 

ホーザン ニッパー N-12

販売価格:2,105円(税込)

ホーザン(HOZAN)のニッパーN-12です。

強力に切断できる丸タイコ型の刃は、銅線・鉄線の切断に最適です。

銅線であれば3.2mmφ、鉄線であれば1.9mmφを切断できます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、混同されがちなペンチとニッパーの違いについて説明をしていきました。

それぞれとても便利で使い勝手の良い工具で、日曜大工なDIYなどでも大活躍します。

これからペンチやニッパーの購入をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

 

☟以下の動画で今回の記事の内容を詳しく紹介していますので、興味のある方はご覧になってください!

 

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事