コラム
COLUMN

【マキタ】40Vmaxバッテリー情報を工具のプロが解説

工具に関する豆知識電動工具
バッテリーマキタ40v
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

40Vmax

マキタのリチウムイオンバッテリーシリーズの中では最新かつ一番スペックの高い、40Vmaxシリーズ

今までよりさらにパワフルに、作業能率をあげてくれる画期的なバッテリーです。

今回の記事では、マキタの40Vmaxリチウムイオンバッテリーについての情報を紹介をしていきます。

シリーズの紹介や値段・スペック面での比較など、基本情報をすべて網羅していきます。

40Vmaxバッテリーの興味のある方や、これから購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください!

マキタ40vバッテリーの基本情報は?

40Vmaxシリーズは、2019年10月から展開されているマキタの新たな高出力電動工具シリーズです。

今まで主力製品として展開されていたのは18Vシリーズでしたが、今後マキタは40Vmaxも主力製品のひとつとして展開していくと発表しています。

一般向けの商品は18Vプロ・高出力向けは40Vmaxと大きく2つに分けた商品展開が今後は見られそうです。

40Vmaxシリーズには、パワーだけでなく、今までのリチウムイオンバッテリーにはなかった優れた性能が追加されています。

スマートシステム

40Vmax スマートシステム

まず40Vmaxシリーズの独自の画期的なシステムといえば、スマートシステムです。

スマートシステムとは、工具・バッテリー・充電器の3つが連携しあって最適化のデジタル通信を行い、よりパワフルに能率よく充電をすることができるシステムのことをいいます。

それにより、従来から搭載されていた最適充電機能に加え、バッテリーの最適給電の機能が新たに追加されました!

※従来から搭載されていた最適充電機能とは・・・?

リチウムイオンバッテリー 最適充電

最適充電機能とは、バッテリーと充電器にそれぞれ搭載したICチップによる通信機能により、バッテリーの使用状況に合わせた最適な充電方法を自動で選択してくれる機能です。

独自の冷却構造により高温のバッテリーでもすぐに強制冷却をし、充電待機時間を大幅に短縮することができます。

また充電中や充電後にバッテリーが高温になりにくいので、寿命も向上します。

バッテリーの最適給電の機能

今回新しく導入されたバッテリーの最適給電機能では、バッテリーの状態に応じて工具とバッテリー間の給電制御を最適化し、バッテリーの負荷を最小限に抑えることができます。

バッテリーの充電と使用する工具に合わせて、自動で最適な方法を選択して給電することができるんです。

この機能のおかげで、高負荷時でもパワーを最大限に引き出しつつ、バッテリーの長寿命化を同時に実現することができるようになりました。

具体的には高負荷時の連続作業時間が最大約2.2倍に、バッテリーの寿命は約50%もアップしています。

負荷のかかるプロの作業現場では、いちいち作業をとめて充電器を変えなければいけないのは手間になりますし、かといってパワーを妥協することもできません。

スマートシステムの導入により、さらに現場での負担が減り、作業能率がアップすることになります。

 

優れた耐久性

さらには、40Vmaxシリーズではバッテリー自体の耐久性もUPしています。

防じん・防水保護等級はIP56で、

  • 高剛性レール
  • 衝撃吸収構造
  • 端子短絡防止構造
  • 防水3層構造

4つの機能が新たに追加されました。

40Vmax 防水 機能

これらの機能により、耐衝撃性は約40%アップしており、過酷な現場でも安心です。

従来からマキタの工具にはこの防じん・防水保護機能はついていましたが、バッテリー単体でIP56に適合しているのは40Vmaxシリーズが初めてです。

 

工具本体に装着した場合には防水保護等級が変わるので注意が必要です。
バッテリーを工具に装着した際には、工具にもともと備わっていた保護等級にグレードダウンするか、保護等級非適合の工具に装着した場合には防じん・防水に対する保護が無効になります。

インパクトドライバー 40Vmax

このスマートシステムとIP56適合の優れた耐久性を含めた新しいテクノロジーの搭載により、いかに過酷なプロの現場であっても、マキタの電動工具はさらに申し分ない機能を発揮できることができるようになりました。

40Vmaxバッテリーシリーズは、マキタのパワフルで高性能な電動工具に十分に対応できるバッテリーなのです。

 

実際は40Vではなく36V?

マキタの40Vmaxバッテリーシリーズは、常に40Vで動くわけではないので、この点は誤解のないようにしておきましょう。

40Vmaxのシリーズは、名前のとおりMAXフル充電のときに40Vで働きます。

そのため、フル充電の最初のみ40Vとなり、フル充電でない通常時は36Vとなります。

バッテリーの裏の商品説明にも、きちんと36Vとの記載があります。

40Vmaxバッテリーは、基本的には36Vのバッテリーだと理解しておきましょう。

値段の比較

最後に、メーカー希望小売価格と大手工具通販サイトとの価格の比較をしていきます。

今回は例として、BL4025の比較をしました。

値段は2021年6月時点の値段(税込)を参考にしています。

メーカー希望小売価格 25,520円
Bildy 17,864円
モノタロウ 22,990円
Amazon 40Vmaxバッテリーの取り扱いなし
楽天 13,600~21,296円

Bildyがメーカー希望小売価格と比べて7,500円以上値引きして販売しており、かなり価格の面で勝負しているといえます。

楽天は出店しているお店によってかなりバラつきがありますが、最安のお店を見つけられる可能性もありそうです!

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

マキタ40vバッテリーの種類は?

マキタの40Vmaxのバッテリーは、現状2種類の商品展開がされています。

ここでは、それぞれのスペックを比べていきたいと思います!

値段は2021年6月時点のBildy.jpの値段を参考にしています。

 

BL4025 MAX 40V 2.5Ah(A-69923)

容量 2.5Ah
出力 1,150W
重さ 0.7kg
セルサイズ 18650
実用充電 約19分
フル充電 約28分
値段(税込) 17,864

40Vmaxシリーズの主力バッテリーとして展開しているのが、BL4025です。

現在展開している40Vmax対応の工具に標準付属しようとして採用されており、このシリーズでは最も普及が進んでいるバッテリーです。

 

BL4040 MAX 40V 4.0Ah(A-69939)

容量 4.0Ah
出力 1,510W
重さ
セルサイズ 21700
実用充電 約31分
フル充電 約45分
値段(税込) 20,944

40Vmaxバッテリーシリーズの大容量バッテリーとして展開しているのが、BL4040です。

従来の18650リチウムイオンセルからさらにバージョンアップし、21700セルを採用しています。

それによって大出力が実現できるようになり、コード式タイプの工具にも劣らない1,510Wものパワーを出すことができるバッテリーです。

 

さらには、40Vmaxシリーズの新しいモデルBL4050Fが近々発売される予定です。

スペックなどの詳細はまだ不明ですが、容量は5.0Ahになります。

 

BL4050F 【近日発売予定】MAX 40V 5.0Ah(A-72372)

 

マキタは今後、40Vmaxシリーズを主力シリーズのひとつとして展開していく予定です。

今後さらに技術が発展すれば、どんどん新しい大容量かつ高性能なバッテリーが出てきそうですね!

 

マキタ40vバッテリーの互換性は?

 

マキタの40Vmaxバッテリーには、他のバッテリーとの互換性がありません

そのため、以前のマキタ36Vシリーズや、14.4V/18Vシリーズと一緒に使うことはできません。

これは、このシリーズの唯一のデメリットといえるでしょう。

そのため、BL4025やBL4040を使用する際には、お手持ちの工具も新調する必要があります。

また逆に、40Vmaxリチウムイオンバッテリー対応の工具は、BL4025またはBL4040を使用する必要があります。

 

40Vmaxリチウムイオンバッテリー対応機種の例

 

 

スマートシステムの仕組みは、工具・バッテリー・充電器の3つが連携しあって最適化のデジタル通信が可能になるので、他のシリーズと組み合わせてしまうとうまく機能しません。

40Vmaxのシリーズを使用する際には、最初から計画を立てて、工具はもちろん充電器・充電器用互換アダプターなどのシリーズ全てを揃えるようにするのをオススメします。

 

40Vmaxバッテリ用 急速充電器 DC40RA

こちらの40Vmaxバッテリー用充電器DC40RAは、2段階の速度で充電をする機能がついています。

実用充電(約80%)までは素早く急速充電が可能で、100%の満充電までは無駄なパワーを抑えて速度を落としてしっかりと充電します。

急ぎでない場合はついているとありがたい機能です。

 

充電器用互換アダプター ADP10 A-69967

ADP10では、14.4V/18Vバッテリーも充電可能です。

(ライトバッテリーは不可)

 

すでに14.4V/18Vシリーズなどの工具をお持ちの方には、すべて一式を最初から揃えるのは少し手間になるかもしれません。

実際のところ、プロの建築現場でなく日曜大工やDIYで利用する場合は、40Vmaxまでの性能は必要にならないので18Vほどの容量があれば十分でしょう。

プロの建設現場など、パワーや充電の持ちが必須の場合は、40Vmaxバッテリーのシリーズを揃えれば作業には申し分ないです。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は、マキタの40Vmaxリチウムイオンバッテリーについての紹介と比較をしていきました。

パワフルさとスマートシステムによる充電の持ちや能率の良さは40Vmaxシリーズの最大の魅力です。

今まで充電の持ちやパワー不足に不満のあったプロの現場では、画期的な商品シリーズ展開になっています。

これから40Vmaxバッテリーの購入をお考えの方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください!

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事