• TOP PAGE 店頭買取店頭買取 出張買取出張買取 宅配買取宅配買取 法人業者法人業者 LINE査定LINE査定 0120-907-134 買取相場
  • PAGE TOP
コラム
COLUMN

【プロ厳選】マキタの電動カンナおすすめ機種まとめ!

おすすめ工具電動工具工具メーカー
makita電動カンナ
工具のプロ  サルトくん
サルトくん


木の表面を削る「カンナ」は、数ある大工道具の中でもポピュラーなもののひとつ。とはいえ、きれいに削るためには相応の技術が必要で、初心者には扱いにくい工具でもあります。

その点、電動カンナ(電気カンナ)は扱いが簡単。大量の木材を効率よく削れることから、プロを含めて多くの方に愛用されています。

今回は、特に人気のマキタ製電動カンナをご紹介。全ラインナップを掲載した上で、アクトツール厳選の4製品を解説しています。

「安心のマキタ製にしたいんだけど、型番の違いが分からない」
「電動カンナってどんな種類があるの?」

そんな疑問はすぐに解決。この記事を読めば、製品の違いと特徴が一目で分かります。製品カタログに目を通す前に、まずは以下の記事をお読みください!

マキタの電動カンナの種類は?

早速、マキタ製電動カンナのラインナップを見ていきましょう。

ちなみに、以下の製品はすべて集塵機との接続に対応しています。別売のアタッチメントやジョイントを取り付けることで、削り屑がスムーズに排出され、効率よく作業を進められるでしょう。

プロ用モデル

青緑のカラーが特徴の業務用モデル。プロはもちろん、DIYユーザーの高度な要望にも応えてくれます。

わかりやすいように、ここでは「コード式(切削幅:~110m)」「コード式(切削幅:136mm~)」「充電式」の3タイプに分けて紹介します。

コード式(切削幅:~110mm)

(画像:1911BSP)
型番 最大切削幅 最大切削深さ 特徴
KP0800ASP 82mm 2.5mm ・汎用タイプ
・研磨式と併売
110mm
2mm ・ワイドタイプ
(3寸5分)
・研磨式と併売
82mm 1mm 生産終了品

オーソドックスなコード式モデルです。角材を削るだけなら、切削幅82mmの「KP0800ASP」で十分でしょう。

切削幅110mmの「1911BSP」は、2×4材を削るときなどに重宝します。

コード式(切削幅:136mm~)

(画像:1804NSP)

型番 最大切削幅 最大切削深さ 特徴
1804NSP 136mm  3mm ・ワイドタイプ
・2スピード切替式
1805NSP 155mm 3mm ワイドタイプ
KP312 312mm
 3.5mm ワイドタイプ
(1尺)

こちらは、切削幅が136mm以上の超ワイドタイプ。太い木材も効率よく削れます。

ただし、サイズには注意したいところ。「1804NSP」と「1805NSP」は約8kg、1尺幅の「KP312」にいたっては約18kgもの重量があります。

充電式

(画像:KP181D)

型番 最大切削幅 最大切削深さ 特徴
KP181D 82mm  3mm ・バッテリー18V
・高トルクタイプ

・無線連動機能
KP180D 82mm  2mm バッテリー18V
KP140D 82mm  1.6mm バッテリー14.4V

充電式のタイプは、連続使用時間が限られているものの、コード式より取り回しの点で優れています。

「KP181」は、最大切削深さ3mmを誇るハイスペックモデル。Bluetoothによる集塵機との連動機能など、便利な機能が満載です。

「KP180D」「KP140D」の違いは電圧にあります。重量はほとんど変わらないので、手持ちのバッテリーに対応する方を選ぶのもいいでしょう。

DIY用モデル

(画像:M194)

型番 最大切削幅 最大切削深さ 特徴
M194 82mm 2.5mm 汎用モデル
M191 82mm 1mm 在庫僅少品
M192 110mm
2mm ワイドタイプ
(≒3寸5分)

こちらはDIY向けモデル。ホームセンターなどで販売されている、明るい緑のカラーが特徴の製品群です。

コード式製品のみの展開で、切削幅82mmの「M193」と、110mmの「M192」が主力となっています。

マキタの電動カンナのオススメ型番は?

マキタの電動カンナをずらりと並べてみましたが、正直なところ「種類が多すぎて何を選んでいいのか分からない」のではないでしょうか?

そんなあなたも大丈夫。ここからは、アクトツールが厳選したオススメ製品を紹介します。ぜひ購入の参考にしてください。

「KP181D」機能性を重視する方にオススメ


販売価格:45,588円(6.0Ahバッテリー付き)

「KP181D」は、充電式でありながらも抜群の高トルクを誇る最上位モデル。切削スピードは従来比約2.6倍と、頭ひとつ抜きん出たスペックを誇ります。

また、最新技術として無線連動システム「AWS」を搭載。本体のスイッチを入れると、Bluetooth接続された集塵機のスイッチも自動的に入ります。

従来はコード式モデルでのみ実現していた仕組みですが、充電式の「KP181」に導入されたことで、より効率的な作業が可能となりました。

最大切削幅
82mm
最大切削深さ 3.0mm
回転数 12,000回転/分

「1900B」中古で費用を抑えたい方にオススメ

参考価格:24,900円

「1900B」は、コード式電気カンナのベストセラーとして、長きにわたり愛されてきたモデルです。

現在では販売を終了していますが、中古市場では多く出回っており、1万円以下の手頃な価格で手に入ります。

もちろん、アクトツールでも取り扱っているので、近くの店舗に足を運ぶか、公式サイトで在庫を確認してみましょう。

最大切削幅
82mm
最大切削深さ 1mm
回転数 16,000回転/分

アクトツールで調べる

「1911B」幅広の部材を取り扱う方にオススメ

販売価格:22,002円

一方の「1911B」は、切削幅110mmのワイドモデル。こちらは2021年現在も販売されており、新品で入手可能です。

3寸5分の柱をひと削りできる製品ですが、本体は以外にもコンパクト(重量4.2kg)。取り回しやすく、快適な作業が期待できます。

ちなみに、替刃式と研磨式の両タイプが販売されているので、購入の際はお間違え無く。

最大切削幅
110mm
最大切削深さ 2mm
回転数 16,000回転/分

「M194」初めてDIYに取り組む方にオススメ

「M194」は、マキタのDIY向けラインにあたる製品。持ちやすいグリップにパワフルな性能で、これから日曜大工を始めたい方にはぴったりです。

また、ベース部にはV字の溝がついており、面取り作業も楽々とこなせます。実売価格は18,000円前後と、かなりお買い得になっていますよ!

最大切削幅
82mm
最大切削深さ 2.5mm
回転数 17,000回転/分

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

マキタの電動カンナの替刃の種類は?

ここまで紹介してきた電動カンナは、すべて替刃式のもの(一部に研磨式と併売の製品もあり)。使用の上では予備のカンナ刃を揃えておく必要があります。

注意点として、マキタに限らず、電動カンナは切削幅によって替刃の種類が異なります。購入の際は型番を間違えないようにしましょう。

マキタ純正品

(画像:A-17033)

型番 刃長 対応製品 販売価格
A-17033 82mm KP1800ASP
140D/180D/181D
1900BA SP1

M191/M194
846円
A-17681 110mm 1911B
M192
1,232円
A-17049 136mm 1804N 1,320円
A-17164 155mm 1805N 1,496円
A-10724 312mm KP312 3,520円

型番ごとの刃長、対応製品、販売価格は上記の通りです。

DIY向けモデル「M191」「M194」「M192」に関しては、プロ向けモデルと同じ替刃が使用できます。

サードパーティ製品

(画像:UID 替刃)

製品名 刃長 対応製品 販売価格
UID 替刃 82mm マキタ1900Bなど 499円
UID ハイス刃 82mm マキタ1900Bなど 999円

流通量の多い1900Bに関しては、サードパーティ製の替刃も販売されています。

UIDの替刃は、通常タイプのほか、上位製品としてハイス鋼(高速度工具鋼)を使ったタイプも展開。耐久性・切れ味ともに申し分ありません。

まとめ

いかがでしたか? 今回の記事では、マキタの電動カンナを一挙解説しました。

木材を加工する上で欠かせない電動カンナ。けっして安くはない買い物ですが、質の高いマキタ製品を揃えて損はしません。

もちろん、中古品を購入すれば格段に費用を抑えられます。アクトツールでも多くの買取実績があるので、一度オンラインショップを覗いてみてください。

マキタの電動カンナをチェック

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事