コラム
COLUMN

【完全版】マキタ製テレビ情報まとめ!仕様や口コミは?

おすすめ工具工具メーカー
makitaテレビ
工具のプロ  サルトくん
サルトくん

総合工具メーカーとして名高いマキタですが、実はテレビも販売していることをご存じでしょうか。

作業現場での使用はもちろん、災害用やアウトドア用としても活躍する製品です。

過去にもマキタは屋外用コーヒーメーカー「CM500DZ」を発表し、業界内外で大きな話題となりました。

さすがは国内のトップメーカー、その情熱は工具だけにとどまりません。お馴染みのマキタブルーが、品質に対する自信を物語っています。

今回は、そんなマキタ製テレビ「TV100」の情報をまとめました。

競合メーカーであるハイコーキ製テレビ「UR18DSML」との比較も行っているので、購入を検討中の方はご覧ください。

マキタのテレビの仕様(スペック)は?

マキタ「TV100」は、充電式のラジオ付きテレビです。屋外でテレビやラジオが楽しめるほか、Bluetooth接続によりスマートフォンなどの音楽も再生できます。

さっそく基本スペックを確認しましょう。

液晶ディスプレイ
サイズ:10V
画素数:1,024×600
スピーカー
90mm×2個
外部端子
外部アンテナ端子:75ΩF型端子
ヘッドホン端子:ø3.5mm ステレオミニジャック
USB端子(Aタイプ):USB2.0(出力DC5.0V、0.7A)
Bluetooth
対応プロファイル:A2DP(SCMS-T対応)/AVRCP
オーディオコーデック:SBC、AAC
通信距離:10m
防水性能
IPX4
電源
・純正リチウムイオンバッテリー(スライド式)
10.8V/14.4V/18V
・家庭用電源
AC100V
重量
5.2kg
メーカー小売価格
69,600円(税別)

カタログスペックを眺めていると、徐々に「TV100」の特徴が分かってきます。

以下に「オススメな点」「残念な点」をまとめてみましょう。

「TV100」のここがオススメ

ここがオススメ①:大きな液晶とコンパクトな本体

TV100の液晶サイズは10V。iPadと同程度の大きさです。視野角も80°と比較的広いので、複数人で視聴するのにも適しています。

大画面の液晶である一方、ベゼル(枠)には無駄がなく、本体はコンパクトに収まっています。箱形のボディは安定感があり、車載もしやすいでしょう。

ここがオススメ②:Bluetooth接続に対応

TV100はBluetooth接続に対応しているため、スマホなどに入れた音楽を手軽に再生できます。本体には90mmサイズのスピーカーが搭載されているため、音質面も問題ありません。

作業現場やキャンプ場など、さまざまなシチュエーションで楽しめるでしょう。

ここがオススメ③:マキタのバッテリーが使用可能

TV100はマキタのスライド式バッテリー(18V・14.4V・10.8V)に対応しています。すでにマキタの工具を揃えている方は、バッテリーを流用できる可能性が高いでしょう。

気になる連続使用時間は、最大でテレビ約11時間、ラジオ約14時間です(18V・6.0Ahのバッテリーの場合)。半日は使える計算なので、屋外用としてなら十分に楽しめます。

「TV100」のここがイマイチ

ここがイマイチ①:HDMI・AUX端子がない

TV100にはHDMI端子が付いていません。したがって、HDMIを用いてストリーミング動画を見る機器(FireTV, choromecast, Apple TVなど)には非対応です。

そのほか、AUX端子も付いていないため、対応する映像機器(ビデオカメラなど)との接続もできません。

ここがイマイチ②:DVDが観れない

HDMI接続ができないTV100は、DVDやBlu-rayの鑑賞もできません。

ただし、USBメモリに保存した動画(音楽・写真)を再生することは可能です。少し手間はかかりますが、どうしても観たい作品があるなら検討してみましょう。

防災用コンボキット「CK1010」

マキタからは「TV100」を同梱した防災用コンボキット「CK1010」販売されています。

「CK1010」のセット内容は以下の通りです。

  • 充電式ラジオ付テレビ(TV100)
  • 充電式LEDワークライト(ML104)
  • バッテリ 4.0Ah(BL1040B)
  • 充電器(DC10SA)
  • ツールバッグ

充電式のテレビとライトで、緊急事態に対応できます。両者はバッテリーの互換性があるため、どちらか必要な方だけ使える点が便利といえます。

さらに、テレビを通してUSB機器の充電ができる点も魅力です。付属するバッテリーの容量は4.0Ah。一般的なスマートフォンなら1.5~2回分は充電できます。

セット全体で6kg以上の重さがありますが、付属のツールバックに入れることで持ち運びも容易です。

マキタのテレビの口コミは実際どうなの?

ここからは、マキタ「TV100」に関する口コミを取り上げます。

通販サイトでは、肯定的な意見否定的な意見の両方が見受けられました。

肯定的な意見

テレビは綺麗です。色もコントラストも文句なし。本体のデザインも良いと思います。バッテリーを入れる部分も大きくてACアダプターや外部アンテナ、リモコンも収納できます

Amazon

かなり喜ばれました~♪ 画質は良く ツインステレオスピーカーが最も良かったです。画質も綺麗で
喜ばれました。現場で使用する様で購入して良かったです

Amazon

否定的な意見

あとHDMI入力が有ったら最強だったのに実に残念!!今の時代USBに動画いれて…なんてnonsense!! HDMIにfireTVの時代!!そしたら、キャンプでもどこでもmakitaTV+fireTVで最強タッグができるのに、実に残念!!

Amazon

ラジオ受信の画面はメモリーチャンネル20チャンネルの表示のみです。も少しラジオらしい画面にできなかったのでしょうか。すごい手抜きです。これほどの大きさですから、ラジオはプリセットメモリーで局名表示にしたら使い勝手はよかったと思います

Amazon

こうして見ると、画質や音質が高く評価されている反面、HDMI端子などの機能面があと一歩、といったところでしょう。

次の項目では、競合製品との比較を行っていきます。

マキタのテレビ vs ハイコーキのテレビ

マキタだけでなく、ハイコーキからも現場用の携帯テレビが販売されています。スペック自体は似通っているため、どちらを買うべきか悩まれるかもしれません。

以下に比較表を掲載するので、それぞれの長所と短所をよく確認してください。

マキタ vs ハイコーキ スペック比較表

マキタ「TV100」
ハイコーキ「UR18DSML」
周波数帯域
470-770MHz
76-108MHz
470-770MHz
76-108MHz
ディスプレイ
10インチ
8インチ
連続使用時間
テレビ視聴:約5時間(18V 3.0Ah) 
テレビ視聴:約5時間(18V 3.0Ah)
入力端子
USB
USB、SDカード、AUX
防水性能
IPX4
IPX4
本体サイズ
縦238mm×横300mm×高さ230mm
縦305mm×横405mm×高さ265mm
重量
5.2kg
4.2kg

サイズ:マキタの方が大画面&コンパクト

気になる画面サイズは、マキタ「TV100」が10インチであるのに対し、ハイコーキ「UR18DSML」は8インチしかありません。その差は歴然としています。

ハイコーキは画面が小さい分、本体もコンパクトと思うかもしれません。しかし、画面の周囲を防護フレームで囲う形状のため、全体的にマキタよりひと回り大きくなっています。

ただ一点、重量に関しては、ハイコーキの方が軽く、持ち運びやすいといえるでしょう。

使用時間:ほとんど同じ(バッテリーの互換性に注意)

バッテリー持ちに関しては、カタログ上どちらも変わりません。

「TV100」も「UR18DSML」も、18V・3.0Ahのバッテリーで約5時間テレビを視聴できます。もちろん、6.0Ahのバッテリーを使用すれば、その視聴時間は約2倍になるでしょう。

各社ともスライド式のバッテリーに対応しており、同じ規格であれば、他の充電工具のバッテリーが流用できます。各メーカーの工具を揃えている方は、手持ちのバッテリーを確認してみましょう。

価格:ハイコーキの方が2万円近く安い

「TV100」のメーカー小売価格は69,600円、対する「UR18DSML」(本体のみ)の価格は48,500円。両者の価格差は2万円近くと、見過ごせないほど開きがあります。

注意点として、上記の両モデルにはバッテリーと充電器が含まれていません。「UR18DSML」のみ、バッテリーつきのモデルが60,500円で販売されています。

機能性:ハイコーキにはSDカード&AUX端子がある

その他、端子に関してはハイコーキに軍配が上がります。「UR18DSML」にはSDカードスロットがついているので、カメラで撮った写真をテレビで見る際に役立ちます。

同様に「UR18DSML」にはAUX端子もついているため、外部機器の再生、特にビデオカメラの映像を映し出したい方に適しています(機器のAUX規格が映像に対応している必要があります)。

まとめ

今回はマキタ製テレビ「TV100」の情報をまとめました。

結論として、あなたが次のように考えているなら「TV100」をおすすめします。

  • できるだけ大きな画面でテレビを観たい
  • 手持ちのマキタ製バッテリーを流用したい

一方で、次のような方はハイコーキUR18DSMLを検討してみましょう。

  • ビデオカメラなど外部機器の映像を再生したい
  • できるだけ安い製品を探している

現場でのちょっとした息抜きや、キャンプ場などのアウトドア、さらには非常用のツールとして。さまざまなシチュエーションで携帯テレビが役立つはずです。

なお、アクトツールではマキタ「TV100」の取り扱いがあります。気になる方は、以下のリンクより商品をご確認ください。

アクトツールでTV100を購入

工具の買取のご相談はこちら!

工具リユース業界No.1のアクトツールでは、アナタがお持ちの不要な・使う頻度の少ない工具を積極買取しています!電動工具をはじめ大工道具まで工具全般を高額買取致します。インパクトドライバー・コンプレッサー・鉋などの買取査定お待ちしております!

LINE査定LINE査定

0120-907-1340120-907-134

工具のプロ  サルトくん

工具のプロ  サルトくん プロフィールはこちら

アクトツールのイメージキャラクター『サルトくん』
工具買取のお役立ち情報を発信していきます!
中古工具の買取はアクトツール工具買取専門館まで♪

サルトくんの記事一覧はこちら

関連記事